2010年07月23日

スイス旅行2010 - グリムゼル峠とフルカ峠からの景観


前回投稿はヴェンゲンのホテルからユングフラウとメンヒの眺望の話題でした。

全体行程はこちら

Google Maps



より大きな地図で スイス旅行 を表示


折角山の天気がよくなって素晴らしいユングフラウなどが見えたのに(この日にユングフラウヨッホに行きたかった・・・・)、インターラーケンを通って次の目的地フルカ峠(Furka Pass、標高:2436m)越えに出発しました。その先は氷河急行(Glacier Express)に乗る為にアンデルマット(Andermatt)まで行きます。その途中のルートはこのようになります。

インターラーケンからフルカ峠を通ってアンデルマットへ



より大きな地図で フルカ峠越え を表示




フルカ峠の前にはグリムゼル峠(GrimselPass、標高:2165m)を越えます。途中にレーテリッヒスボーデン湖とグリムゼル湖がありますが、グリムゼル峠側から見たのがこちら。何れも人口湖ですが、スイスの電力供給の約60%を水力発電で賄う一助になっているようです。





グリムゼル峠を越えてフルカ峠へ行くには、一度深い谷に下りる必要があります。その様子はグリムゼル峠近くから谷を見たこの写真で分かります。





急な傾斜を斜面に沿って道路ができていますが、U字カーブではこんな構造をとっています。





一旦、谷に下りるとフルカ山岳蒸気鉄道(Furka Heritage Railway)の線路がありました(こちら)。新フルカトンネルができる前の区間を運行しているそうです。現在はレアルプ(Realp)とグレッチュ(Gletsch)間で、夏季にのみ運行(運行についてこちらを参照)。





以前の氷河急行はこの区間を通っていた事になります。つまり、氷河急行という名前は、この区間から「ローヌ氷河」が見られたのに因んで名付けられたとの事。

そして再び傾斜に沿って上り坂になり、フルカ峠に差し掛かる少し手前に休憩所がありますが、現在はここで「ローヌ氷河」(こちら)を見る事ができます。如何にローヌ氷河が後退してしまったかという事ですネ。・・・・・・





休憩所からの景観は素晴らしい(こちら)。





尚、休憩所あたりからフルカ峠にかけて、映画007シリーズ「ゴールドフィンガー」の一場面でロケ地として使われたようです。


 
ラベル:スイス Switzerland
posted by 鎌倉太郎 at 01:02| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック