2010年04月17日

米国がISSでロボットの活用検証を開始する計画を発表

NASAのニュースリリースによると、「Robonaut 2」(R2、写真はこちら)と呼ばれるロボットを、9月に打上げ予定のSTS-133(スペースシャトル・ディスカバリー)で国際宇宙ステーション(ISS)に送り、まず第一に無重力状態での動作を確認するとの事。





R2は頭部・胴・腕と手で構成され300ポンド(約135kg)、ISSの「デスティニー(Destiny、米国実験棟)」に設置されます。NASAとGMの共同開発。将来的には宇宙飛行士との共同作業、船外活動も考えているようです。


YouTubeにR2の動作を撮った動画が登録されています。

Robonaut 2 ready for ISS





 
posted by 鎌倉太郎 at 22:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック