2010年02月01日

無償で2GBまでオンライン「差分」バッアップができる「Soonr」サービス

以前の投稿でオンラインストレージサービスとして、「Google Docs」(名称変更した方が良いというブログ意見もありますが・・・・)を紹介しています。勿論、マイクロソフトの「SkyDrive」も同様のサービスになります。

GB規模の無償ストレージが増えてきましたが、ここではローカルファイルのオンラインバックアップサービスがメインサービスであって、オンラインストレージサービスの役割も果たす「Soonr」サービスを紹介します。日本語表示サポートはされませんが、ファイル名などは日本語でも可能(表示も日本語)で、2GBまで無償(有償で増量するグレードアップが可能)で高機能です。


ここからサインアップしてユーザ登録(無料)します。









「soonr lite」、「soonr premium」と「soonr pro」が並んでいますが、「soonr lite」として「STARTER EDITION」の横にある「Subscribe」をクリックします。必要なユーザ情報を入力していくと、「Install Desktop Agent」というアイコンがあるページになりますので、ダウンロード/インストールをします。





この「Desktop Agent」モジュールはバックアップするファイルのフォルダ設定やそれらのフォルダ内のファイルの更新状況を監視する事になります。起動は「スタート」又はデスクトップ右下のタスクトレイ(通知領域)から起動できます。

Soonr_Start_Program.jpg


Soonr_TaskTray.jpg






「Desktop Agent」からバックアップしたいフォルダの指定をします。一定の時間を経過するとフルバックアップが行われ、その後は指定フォルダ内のファイル(サブフォルダも含む)が更新(追加、更新、削除)される都度、バックアップが行われます(所謂、「差分バックアップ」)。



バックアップされたフォルダ内のファイルは、ここからログインして(「Desktop Agent」からの起動も可能)確認できます。





「Dashboard」タブからは全体の状況(容量の利用状況、バックアップ履歴、など)を把握する情報が得られます。





「Computers」タブでは階層的にバックアップしたフォルダ及びファイルを見る事ができます。






更に特定のフォルダやファイルを公開(または共有)したい時は、「Actions」又は下三角アイコンで「create link 」を選択し、リンクURLを取得すると共に、「EDIT」アイコンをクリックしてパスワードの指定やファイル更新権の指定をします。






実際に1つのフォルダを公開指定しました。ここからアクセスして、パスワードとして「1234」を入力してみてください。
ログインした所がこれ






さて、最近では2GBの容量でも必ずしも大きいとは云えませんので、バックアップ対象とするフォルダの選択も注意する必要があります。我家のファイルの作成・更新状況を見ると、
  1. 大量に一時期に作成したら、以降更新する事が殆どないフォルダ(例えば、旅行時の動画、写真、各種資料)
  2. ある一定期間(1~2ヶ月)は頻繁に作成・更新されるが、その後は更新が(殆ど)無いフォルダ(例えば、月単位で集積しているブログの投稿記事、編集した動画・写真、関連情報)
  3. 別途集積している情報の最新状態をインデックス的に示すファイルを蓄積するフォルダ
といった所でしょうか。

バックアップ作業としてフォルダ群を頻繁に転送する事は、対象の容量が数百GB単位(最近のPCにおけるHDD容量は500GBは当り前!)になると(時間的、手間として)耐えられません。しかも更新されるファイルはそのホンの一部。

そこで上記の1項に対応するフォルダは、作成の都度ローカルな(NAS)サーバーエリアにバックアップするのみ。2項の作成・更新する事の無くなった月単位(又はテーマ単位)でのフォルダも、その時点でローカルなバックアップ。
2項の頻繁に作成・更新されている月単位(又はテーマ単位)のフォルダ群と3項の頻繁に最新情報として維持されているフォルダ群を「Soonr」のバックアップ対象にしています。「差分」によるバックアップですから、ファイルが更新されると直ちにバックアップされます(但し、常にインターネット接続が必要)。

ファイルの共有でも「差分」バックアップは威力を発揮します。即ち、ローカルに更新し終わった自らのファイルは、直ちに他の共同作業者がインターネット上でアクセスできるようになります。

ただ、ここで注意しなければならないのは、誤って更新した(そして、クローズした)ファイルを回復する事は無償の範囲ではできません。「Soonr」サービスの有償範囲でなら、(容量の増量だけでなく)何日(何時間)か前の状態に戻せる機能(File-versioning)を持っているようです。


既に別の投稿でも書いているので蛇足ですが、インターネットに蓄積するにはセキュリティ上で問題にならない範囲に(当面は)限定する方が安全でしょう。


 
posted by 鎌倉太郎 at 03:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック