2010年01月06日

Windowsのコントロール機能を一ヶ所に集約した「GodMode」

この「CNET News」の記事から(?)、Windowsにおける裏技として「GodMode」が話題になっているようです。
「Windows 7」の管理機能を集約--「GodMode」の存在が明らかに【2010/01/05】


「GodMode」は、Windowsの階層化されたコントロール・パネルの機能を、フラットな一覧として提供するもの。対象となっているのはWindows7とWindows Vistaですが、Windows Vistaの64bit版ではクラッシュを引き起こす恐れがあるとの事。


実際にデスクトップなどに新しいフォルダを作成して、次のフォルダ名を付けるだけ。
GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
この名前にするとフォルダのアイコンが下のように変わります。

GodIcon


このフォルダ(「GodMode」アイコン)は使用しているPCから(共有など)直接アクセスできればネットワーク上にあっても良いようで、他PC(WindowsXPでも可能)上に作った場合でも動作していました。


「GodMode」アイコンをダブルクリックすると、このようになります。



「GodMode」アイコンの下には、コントロール・パネルの機能として(Vistaの場合)250個の項目になっています。エクスプローラの形式になっているので、右上の検索からキーワードでフィルターできます。


普通のユーザはコントロールパネルを頻繁に使う事はなく、利用する機能も限定されています。だからこそ、その存在位置に戸惑う事もあったと思います。Windowsの開発者とは違った意味で便利に使えるかもしれません。


 
ラベル:GodMode Windows
posted by 鎌倉太郎 at 00:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック