2010年01月04日

京都への正月旅行(2)-知恩院【改定】

前回の投稿で概略スケジュールを書いた通り、最初の日(12月31日)は昼頃から八坂神社の「をけら参り」の下見(!?)をしましたが、その途中で知恩院に寄りました。

地下鉄「五条駅」の近くにあるホテルから「市営地下鉄1dayフリーチケット」をフルに活用しようという事で、「東山駅」から八坂神社まで歩く途中に知恩院があるという訳です(チョッと失礼な書き方ですが・・・)。


知恩院での散策ルートはこちら(Google Maps)。



知恩院 院内案内




今回は、マイクロソフトの「Photosynth」による3D的な写真を中心にしようとしています。「Photosynth」による3D的な写真の作成について、以前の投稿がこちらにあります。



まず、本堂(御影堂)。本堂を3方向から撮って立体的なイメージにする事を考えていましたが、できた結果がこちら




この「Photosynth」対象では画像の利用率(上手く画像相互の関連認識ができたの)は、100%でしたが、本堂は正面から見て左右の面がほぼ同じになっていますので、左側と右側が混同して認識されています。自動車などは移動物と認識されたようです。角部分の写真が少なかったかな・・・と考えています。


次が方丈庭園と山亭庭園。こちらはカメラ位置を固定して周囲を撮ったもの。360度ビューといった所でしょうが、概ね上手く各写真が繋がって(87%と100%)います(方丈庭園で左隅の2枚が繋がっていない)。

知恩院・方丈庭園はこちら





知恩院・山亭庭園はこちら





三門も素晴らしく、立体的な「Photosynth」対象にしたかったのですが、時間的に諦めました(三門はとても大きいので、対象の周囲を移動しながらかなりの枚数の写真を撮る必要がある。1ヶ所に留まって写真を撮る分、360度ビューの方が時間的に楽!)。


各「Photosynth」対象のBing Maps上での表示はこちら

尚、Google MapsでもBing Mapsでも、知恩院の(「写経塔」などの表示があるのに)「三門」について名称など明記がありません・・・。何故なのでしょうか?



【改訂】2010年1月8日 17:20 知恩院のお堂配置を追加


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック