2009年10月10日

幕張で開催中のCEATEC Japan 2009に行ってきました(1)【改訂】

幕張で開催中のCEATEC Japan 2009(10月6日~10月10日)に行ってきました。
9日(金)でしたが、凄い人出でした!

(情報)家電中心の投稿としますが、最大のテーマは、3D対応という所でしょうか。コンシューマ向けと企業向けの差があっても、3D映像を実際に体験してみたいという人が多くて、対応の各社展示ブースは待ち行列の長い事! 時間の都合もあって、どの行列にも並ばず仕舞いになりました(何度か3D映像は体験しているからいいか・・・・)。
という事で、ソニーの単眼レンズによる3Dカメラの試作機は見られずじまいでした。

ソニーの3D展示での待ち






まず、東芝のブース。CEATEC Japan 2009開催の直前に発表のあった「Cellプロセッサを搭載した液晶テレビ『CELL REGZA』」がメインステージ。

55型でお値段が100万円との事で一般人が買えるレベルではありませんが、今後の傾向として見ておく事に。チューナーの数だとか、録画容量だとか、画質だとか、インターネットアクセス可能だとかを除いて、興味を持ったのがやはり3D、そして膨大な蓄積ビデオからのイメージ検索。

3Dは、現状放送されている2D映像をCELLの計算能力を使って3Dに変換しています、確かに変換できていました。このコーナーではジェスチャーでTVの画像モードの変更をするデモもしていました。

蓄積ビデオからのイメージ検索については、選んだ番組と類似のイメージを持つ番組を抽出してくれ、その中から更に1つを選ぶと類似番組も検索し直されるといった具合で、悪までも偶然に他の面白そうな番組を見つける事を想定しているとの事。ある程度探す番組がわかっている場合には、従来通りの検索をする必要がありそう・・・・・(若干期待はずれ)


東芝のDOCOMOケイタイ「T-01A」を使っているので、CEATECに合わせて発表したというWindows Mobile6.5を搭載したDOCOMOケイタイを見ました。

10月30日の報道によると、「NTTドコモは10月30日、東芝製スマートフォン『T-01A』について、Windows Mobile 6.5へのアップデートソフトを12月に配信する計画を明らかにした」そうです。

Windows Mobile6.5を搭載した「T-01A」(と呼んでいいのか?)は、(当然?)未だ日本語化されていませんでした。「start」のトップ画面はアイコンが並ぶiPhone風でしたが、(英語版の為か不慣れで!)アイコンをタッチするとテキストの一覧メニュー(?)みたいなものが現れるなど動きがよく理解できませんでした。インストールしただけだと単純には動かない?

「T-01A」に関しては、開発中のアプリとして「話し言葉対応の音声翻訳」。PC用アプリの移植のようですが、そのうちにダウンロードできるようになるとか(無料になるかは未定)。





実際の翻訳デモ(YouTube動画)





本日はここまで・・・・残りは別途。



【改訂】2009年10月31日 19:10 Windows Mobile 6.5へのアップデート報道について


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:37| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソフトはここからダウンロードできるみたいです。

http://www.toshiba.co.jp/product/etsg/dl/interpreter/t01b.html
Posted by だんだだん at 2010年06月19日 22:50
ありがとうございます。試してみます。
Posted by ブログ管理者 at 2010年06月27日 16:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック