2009年08月06日

Twitterで読んだ書名をつぶやいて、履歴を記録できるサービス「読んだ4!」がスタート

Twitterで読んだ書名をつぶやいて、履歴を記録できるサービス「読んだ4!」がスタートしました(なかなか洒落たネーミング!)。

Twitterについては、本ブログではここで紹介しています。


その時点では「ひとりごとをつぶやく」という事から、日記ブログの簡易版という位置付けで少し暗いイメージがありました。しかし、最近はビジネスに如何に使うかという事が云われるまでになりました。英国政府が閣僚向けのTwitterの使い方ガイドを公開したり、日本でもTwitter議員が登場したりしています。



ライフ・ログを残していく点から読書歴を記録していく、SNS機能を持ったサイトの構築、Amazonとの連携でアフィリエイトとしてもメリットもあるというコンセプトが、サービス「読んだ4!」、

使い方はここに解説があるように簡単。


先ずTwitterで記録したい書名をつぶやきます。例えば「@yonda4 オバマ・ショック」とつぶやきます。「@yonda4」(1バイト系)は宛先で固定、空白(これも1バイト系)を置いて書名(日本語可能)という形式(この後ろに空白を置いてコメントを追加可能)。



自分(或いは他人)の読書記録を見るには、
http://yonda4.com/user/(ユーザー名)
のURLの形式でアクセス。ここから「鎌倉太郎」(ユーザ名=KamakuraTaro)の読書記録(例示ですが・・・・・)を確認できます。






訂正(書名がAmazonで確認できない場合など)や削除もTwitterへのつぶやきで行います。





 
ラベル:twitter 読んだ4!
posted by 鎌倉太郎 at 02:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック