2009年07月03日

サンフランシスコ、ロサンゼルスの旅紀行(11)-ヨセミテ国立公園(その4)

ヨセミテ国立公園での最後の見所は、ジャイアント・セコイア(giant sequoia)が見られるマリポサ・グローブ(Mariposa Grove)です。前回投稿した際のグレイシャー・ポイント(Glacier Point)からマリポサ・グローブへは、一旦41号線まで戻って南入口(我々にとっては出口ですが・・・・・)の手前近くから、再び樹林の中に入っていきます。グレイシャー・ポイントから1時間ほどでマリポサ・グローブに到着。



ジャイアント・セコイアは、セコイアデンドロン(Sequoiadendron)とも言われますが、学名は「セコイアデンドロン・ギガンテウム(Sequoiadendron giganteum)」。分類学上のことは良く判りませんが、「セコイアデンドロン属」に入る原生種はセコイアデンドロン・ギガンテウムのみとのことで、等価に(略称で)扱われるのでしょうか。


ヨセミテ国立公園(Google Maps)






駐車場から樹林散策道に入る所に、マリポサ樹林に関するパンフレットが置いてあります(日本語版もあり。50㌣)。そこには国立公園森林警備隊員の書いた文章であるとして、解説などがよくまとめられているのでここに掲載しておきます(著作権の問題は言われないと思いますが・・・・・)。





マリポサ・グローブの地図






今回案内されたのは、「グリズリー・ジャイアント(The Grizzly Giant)」と「カリフォルニア・トンネル(The California Tunnel Tree)」、途中で「Bachelor & Three Graces」。何れも巨木に付けられた名前です。地図上では最初の3分の1ぐらいになります。



まず、「グリズリー・ジャイアント」はこれ。人の大きさと比べてください。遠くからでないと全体が写せません。




パンフレットに依れば(巨木を評価する幾つかの基準が書かれています)、「ジャイアント・セコイア」は木の総容積が植物で最大であるとの事。マリポサ・グローブで最も樹齢が長い(推定 約1,800年)と言われる「グリズリー・ジャイアント」は、高さが63.8m、地面の胴回り(Girth at Ground)が28.2m。(地面の円周 Circumference at ground 29.5mとどう違う?)
高さ  63.8m(210.0ft)
Girth at Ground  28.2m(92.5ft)
容量  963m³(34,005ft³)
それでも世界の中での大きさ(容量)は、25位

総容積が大きいだけあって「グリズリー・ジャイアント」の幹も凄いですが、枝の太さは他の木の幹にも相当するようです。



マリポサ・グローブには世界で17位の「Washington」というジャイアント・セコイアがありますが、観光コースに入っていません。
高さ  72.0m(236.0ft)
Girth at Ground  29.2m(95.7ft)
容量  1,016m³(35,901ft³)


(今回の見学に入っていません)が、(「グリズリー・ジャイアント」よりも高いコースの所に)「The Fallen Tunnel Tree」と呼ばれる倒木があります。以前は「The Wawona Tunnel Tree」として自動車が通れる(木をくり貫いた)事で有名でしたが、その「トンネル」で弱くなった所で豪雪の為に1969年倒れてしまいました。1960年代に自動車が通っている所の写真がこれ




推定2,300年は生きていたと言われています。自然保護の念を改めて感じました。



樹木の幹をくり貫いたトンネルの話しが出た所で、次の「カリフォルニア・トンネル」がこれ。1895年にくり貫かれてトンネルになりましたが、唯一の現在も立っているジャイアント・セコイアだそうです。






倒木と関連して、パンフレットに書いてある根元のこと。根が横に張っていたことはこの写真で分かるでしょうか。女性との比較で幹の太さと高さに対して根元の小ささも分かるでしょうか。






見学コースを上る途中に「Bachelor & Three Graces」があります。この写真では看板と比べてもらうしか大きさが分かりません。






これでヨセミテ国立公園の観光は終り、南入口(出口)からサンフランシスコに向けて戻りました。

サンフランシスコとヨセミテ国立公園のルート






随分シッカリと書いてきましたが、米国滞在6日目が終わりました。有意義で楽しいツアーなったことに対し、「Milestone AdvenTours」の中村さんに感謝。


実質あと米国滞在5日ですが、メインの2つのツアーが書き終わりましたのでスピードアップができると思います。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・西海岸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック