2009年06月21日

サンフランシスコ、ロサンゼルスの旅紀行(5)-SFジャイアンツ・AT&Aパーク

米国滞在3日目は、SFジャイアンツ(San Francisco Giants、略称:SF)の本拠地・AT&Tパーク(AT&T Park)での野球観戦(と応援!?)。

サンフランシスコ市街(Google Maps)





以前の投稿でも書いた通り、サンフランシスコに到着した日に、日曜日の観戦チケットを入手。対戦相手はセントルイス・カージナルス(St. Louis Cardinals、略称:STL)。試合開始はpm1:05。


日本にいる時にここで本拠地での試合スケジュールを確認していました。旅行日程的にこの日に観たいという日に取得でき、幸いな事に理想通りになりました。

座席の位置には拘らなかったのですが、希望の位置を探したければここに便利なページがあります。




まず、マウスを希望の座席エリアに合わせると、ページ右に座席(Section番号、Rows範囲)と価格が表示されます。更にそのエリアをクリックすると、そのエリアからスタジアムを見渡したCGを見る事ができます。

Section317、Rows(10-18)から実際に取った写真がこれですから比較してみてください。




ホームベース真後ろと言えども3階席とあって、「兎に角観戦できればいい」という気持ちでしたが、着席してみるとAT&Tパークの立地にピッタリのよく知られた"海を眺められる")景色の良い場所で(この日も場外ホームラン・ボールを狙って、ボートが停留していました)、観戦にも最高でした。





埠頭にあるフェリー・ビルディングで時間調整(別途、投稿を予定)していましたが、1時間以上前にスタジアムに到着。




(注意:この写真は観戦日と違う日に撮影しています)


ミュニ・メトロT線の車両には、如何にもSFジャイアンツの地元応援者という人達(子供達)がユニホーム・帽子姿で乗車していました。既にスタジアムも入場を開始していて熱気がムンムン。


どういう基準か分かりませんが、入場口のチケットチェックをした所で、SFジャイアンツのマーク入り帽子を無料配布していました。地元のスポンサー名が銘記されていましたが、全員ではなかったようです。それがこれ




勿論、しっかりと(SFジャイアンツを)応援しました・・・・・・



試合は、金曜・土曜のSFジャイアンツ連勝を受けて、この日も「Giants 5, Cardinals 3」で勝ちましたが、内容は接戦。




SFジャイアンツは先行しましたが、一時同点→逆転され、再度同点に追いつき逆転・追加点といった試合の流れ。(日本人選手も所属していないのに)7回裏の逆転ホームランの時は周りの人と一緒に両手を挙げて飛び上がってしまいました・・・・・・(地元の人と一緒に応援する気ではいましたが、一寸盛り上り過ぎ・・・!?)

SFジャイアンツ応援で観戦する人にとっては最高の試合ではなかったでしょうか。(天気は最初曇りで風もあって、少し肌寒い気がしましたが、途中から青空になっていました)


さて終了後は、市中心部のマーケット通りまで、スタジアム横のミュニ・メトロT線に「2番街&キング通り駅」(2nd St.&King St.)から乗車。何万人もの人が一斉に退場するので混雑するかと思ったら、最初に来た車両(4両編成)に乗れるし混雑もそれ程ではありませんでした。

どうも直接に「3番街」(3rd St.)を歩いてマーケット通りに行く人が多かったようです。勿論、郊外からの人にはカルトレイン駅も歩いて近いし、車も使うでしょうが・・・・


この日はpm4:00頃に試合が終了していますので、マーケット通りまでは精々1kmぐらいで、明るいうちならセキュリティ上も問題なさそうでした。別の日に、逆に「3番街」をマーケット通りから「2番街&キング通り駅」の近くまで昼頃に歩きましたが、マーケット通りから2~3つほど通りを過ぎると周りの雰囲気も市街地から工場地帯的(?)になりました。通りすがりの現地の人からどこへ行くのかと(道に迷った観光客をみるという雰囲気で)聞かれました。やはり暗くなってきたら、大勢で歩くのでなければAT&Tパークからマーケット通りに歩くのは止めた方が良さそうでした。



尚、明るいうちであればフェリー・ビルディングまで埠頭に沿って歩く(約1km)のも良いかも知れません。マーケット通りの東端になっているので、次の観光目的地への基点としても良いですし、埠頭に沿ってカリフォルニア湾を眺めながらの散歩に最適。

スタジアム横の「2番街&キング通り駅」からミュニ・メトロT線に沿って歩き「ブラナン通り駅」(Bannan St.)近辺で取った写真がこれこれこれ

「ブラナン通り駅」からAT&Tパーク方向を臨む





ベイ・ブリッジ




ベイ・ブリッジ(Bay Bridge)についてはこちらを参照。


「ブラナン通り駅」からフェリー・ビルディングを臨む





 
posted by 鎌倉太郎 at 18:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・西海岸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック