2009年06月18日

サンフランシスコ、ロサンゼルスの旅紀行(2)-フィッシャーマンズ・ワーフ

前の投稿でも書いた通り、米国滞在の初日は「監獄島アルカトラスへのフェリー予約」と「SFジャイアンツ・AT&Tパーク入場(観戦)券の入手」を最優先としましたが、想いの外に容易に取得できたので、「ピア33」まで来ている事でもありフィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman's Wharf)も観る事にしました。

サンフランシスコ市内(Google Maps)





フィッシャーマンズ・ワーフは、日本で購入した観光ガイドによると「たった1日でサンフランシスコの景色やボートクルーズ、そして新鮮な魚介類とショッピングを全て楽しめる」との事。

確かに、サンフランシスコの景色として、ゴールデン・ゲート・ブリッジ(Golden Gate Bridge、金門橋)も監獄島アルカトラスも観る事ができますし、逆に丘側を見れば坂道が観られますし、ケーブルカー(サンフランシスコ市中心街と結ぶ)ケーブルカーの発着所(2ヶ所)もあります。


ゴールデン・ゲート・ブリッジ





監獄島アルカトラス





ピア45近くから見た坂道





ケーブルカーの発着所(パウエル・ハイド線)





係留されたボートとベイブリッジ(中間にあるイェルバ・ブエナ島からオークランド側)





レストランやみやげ物店が集まった観光名所のピア39(Pier 39、第39埠頭)もありますし、チョコレート工場跡地を改築したハイセンスなモール「ギラデリ・スクエア(Ghirardelli Square)」も近くにあります。


まず、ピア33からピア39までは歩いても数分、その間は海(実際は湾内ですが・・・・)を見ながら気持ちのいい散歩ができます。

ピア39入口





ピア39の色々な店(丘の上のビルも見える)





ピア39でチョッとしたパフォーマンスも





ピア39の突端ではイカダに寝そべるアシカの群れ






更にピア45まで行くと、シーフード屋台(期待より屋台の列は短いですが・・・・・)があります。ここまでの途中には名物パン屋といわれる「ボーディン・ベーカリー(Boudin Bakery)」がありました(ピア39入口近くにレストランも)し、この通りにもレストランが多かったです。

フィッシャーマンズ・ワーフのシンボル(このシンボルの右奥がシーフード屋台)





シーフード屋台





ピア45近くの通り






もう一つのポイントは、ハイセンスなモール「ギラデリ・スクエア」。




チョコレート工場跡地という事でそのメーカーのチョコレート販売店があります(入口近く)。お土産に好いかも・・・・・(一般の店でも販売しています)


このモールの奥の方にワインを販売している店があります。ワイン産地のナパ&ソノマへツアーを予定してはいましたが、ここでワインの試飲ができるのでその予行演習(!?)としてグラスで1杯頂きました(試飲したのは$10)・・・・・ワイン・メンバー会もあるので試飲できる洒落たスペースもありました。





 
posted by 鎌倉太郎 at 16:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・西海岸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック