2009年05月26日

ドキュメント共有サイト「Scribd」が、個人でも販売できるストアを開設

ドキュメント共有サイト「Scribd」は、以前の投稿で紹介しています。


公式ブログによると、この「Scribd」にオンラインストア(Scribd Store)が開設されました。





案内では、あらゆる人(出版社から学生、技術、芸術家も含めて)が「Scribd Store」でドキュメント(小説、解説書など)を販売でき、販売額の80%を受取れるとしています。


既に、O'Reillyの書籍(の一部)やその他ドキュメントが購入できるようになっています。現在「Scribd Store」はベータ版段階で、これらのドキュメントは米国内でのみ販売可能。



これまでにもドキュメント共有サイトとして色々なサイトを紹介しています。こちらこちらを参照。

今後は、「Scribd Store」のようなビジネスモデルをとるサイトが出てくるのでしょうか。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック