2009年03月24日

グーグルが契約した商用の地理画像衛星「GeoEye-1」の画像で、プレビュー提供


以前の投稿で、グーグルが、商用の地理画像衛星「GeoEye-1」の画像で「Google Maps」の高解像度化をする為に、GeoEye社と契約した事を紹介しています。



「GeoEye-1」は、2008年9月6日に打上げが成功し初期チェックをしていましたが、2009年2月から商用の画像提供が始まったとの事。公式ブログによると、近いうちにGoogle Earth/Mapsなどで見られるようにするようですが、とりあえずプレビューで見る事にしましょう。





KMZファイルをここからダウンロードして、Google Earthでオープンすると、左メニューの「▼場所」に「First GeoEye-1 Images」がチェックされた状態で現れます。






プレビュー場所の地名をダブルクリックすると、目的の所へいきます。後はGoogle Earthの通常の操作で見る事ができます。


Google Earthをインストールしたくない(マシンの性能が低いなど)場合には、以下の画像で比べてください。各場所共に、上は「First GeoEye-1 Images」をチェックしてある場合、下はチェックを外している場合の画像です。


以前の投稿でも書いていますが、「Google Maps」や「Google Earth」での現状は、高解像度のポイントは「60cmの解像度」、最も粗いポイントで「15mの解像度」で、高解像度は商用衛星から、粗い地点の画像は米国・地球資源観測衛星「ランドサット」からとの事。それが地球全域で、「50cmの解像度」になる訳です(勿論、優先順は従来からの高解像度エリアでしょうが・・・)。


比較をしてみると、特に際立ったメリットは無いという印象でした。それでも色合いが自然になったようですし、立体感の感じられる画像であるようにも思えます。皆さんはどう感じられますか。(太陽の高さ、日差しの強さ、季節などにも依存します)

各画像はサムネイルのクリックで拡大します。ブラウザによっては、ウインドウズサイズでの縮小で一旦全体表示するかもしれません。画像サイズは、1400×900ぐらいですが、写真によってはそれより小さいサイズになっているものもあります。


「東京・築地市場」(高度 約600m)

GeoEye-1




現状






「エジプト・ギザ(ピラミッド)」(高度 約1.6km)

GeoEye-1

現状



「アラブ首長国連邦・ドバイ(パームジュメイラ)」(高度 約10km)

GeoEye-1

現状



「富士山」(Google Earthの指定で、「レイヤ」の「地形」にチェックをしています)

GeoEye-1




現状






尚、ここからブラウザへのGoogle Earthプラグインをインストールできてプレビュー場所もビジュアルに指定できます。ただ、Google Earthの細かな操作や指定ができません。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-マップサービス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック