2009年03月15日

エジプト旅行(20):アレクサンドリア市内観光(2)

エジプト旅行の全体行程などについては、以前の投稿にあります。



ツアー7日目はアレクサンドリア市内観光では、カイトベイの要塞、カタコンベ、ポンペイの柱、アレクサンドリア博物館を訪れましたが、今回はアレクサンドリア博物館。



アレクサンドリアでの博物館としては、別途5年計画で改築(建替え)をしているそうで、その一部の収蔵品が展示されています。現状の「アレクサンドリア博物館」というのは、建替えの為に完全に休館するというのは問題であるとして、ある富豪が自分の私邸の利用を申出た事で実現したもの。いくら富豪といっても本来の博物館と比べれば小さく、3階建てで階段を中心に両サイドに、各フロアでいくつかの部屋を使った小規模な展示となっています。


アレクサンドリアの沖の海中では、クレオパトラ縁の町跡が発見された事もあり、それらの一部でも展示してあるかと期待していたのですが、それらの展示は一切無しとの事。
クレオパトラ縁の町跡の各種遺跡などは、海中ミュージアムとして見せられるように企画を進めているとの事でした。


ここはビデオ/写真は自由に撮影できました(フラッシュは不可)ので、以下に幾つかの展示品を掲載しておきます。有名なものも含んでいます。(サムネイルのクリックで拡大)


































 
posted by 鎌倉太郎 at 22:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-エジプト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック