2008年11月26日

ノーベル賞で人気となった「オワンクラゲ」の動画

2008年のノーベル化学賞を受けた下村 脩(しもむら おさむ)博士
おめでとうございます。

その受賞理由の研究は、「オワンクラゲ」の緑色蛍光タンパク質の発見からですが、そのオワンクラゲのお陰で、クラゲ飼育展示種類数世界一(20種類以上の常時展示)を誇る鶴岡市立加茂水族館(つるおかしりつ かもすいぞくかん)が大人気とか。



それまで目立たなかったオワンクラゲを急遽前面に出した展示をしましたが、人工繁殖で世代交代させると発光しなくなっていたのを、下村博士のアドバイスで光っているところを見せられるようにしているそうです。



10月中は加茂水族館のサイトで「オワンクラゲ」の動画を掲載しているので、優雅に動いているところを見てください。何時もは漁業被害のニュースばかりで良い印象を持たないクラゲですが・・・・・

オワンクラゲ


(注意:11月の掲載動画と表示していますので、12月以降は見られない可能性があります)



オワンクラゲの動き(踊り)に曲を付けた人がいます。こちらは優雅な曲をバックにして動いています。




 
posted by 鎌倉太郎 at 00:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック