2008年09月27日

「フュージョンマン」が、今度は英仏海峡を横断


自称「フュージョンマン(Fusionman)」のイブ・ロッシー(Yves Rossy)さんが、今度は英仏海峡(ドーバー海峡、34km)を小型ジェットエンジンの翼を着けて10分ほどで横断しました。

Swiss man flies solo across Channel using jet pack




「フュージョンマン」については、以前の投稿で紹介しています。
小型ジェットエンジンの翼を着け、公式デモ飛行【2008年05月18日】


公式サイト:FUSIONMAN TV





この飛行を貶す訳ではないですが、今年の「鳥人間コンテスト2008」では、36kmの人力飛行という大会新記録(東北大学Windnautsチーム)がでていましたネ。
#1722  第32回・鳥人間コンテスト 2008 - 東北大学Windnauts 帰還!



宇宙旅行、ソーラープレーン(太陽光)や電動(バッテリー駆動)飛行機なども含めて、サイズの縮小化、パワーの強化、高度技術の適用、新素材、(涙ものの)努力(+体力)と勇気といったものが、これまで夢とか不可能だった事が現実のものになっていくようです・・・・・
そのうちに、「夢」を見つける事が無くなる・・・・!?何て事になってくるのでしょうか。
個人(乃至小規模な会社)のレベルで夢の実現を目指している人達を、このブログでも追っていきます!



posted by 鎌倉太郎 at 19:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック