2008年09月27日

ソニースタイルから、動画や写真を時間軸で捉えるビューアが登場


ソニースタイルから「x-Chronology」という無償ダウンロードソフトを提供しています。





YouTubeの動画、PicasaやFlickrの写真を時間軸で戻したり進めたりしながら、指定したキーワード(その他に、ユーザ名、タグ、タグランキング)などで検索した結果を見せてくれる。ローカルPC上の画像からも検索してくれます。




情報源の選択:(情報源に対してキーワードを指定)





人の履歴やイベントなどを時間軸で捕らえる「タイムライン」ソフトです。これまでにも類似のソフトを紹介しています。


紹介できていませんが、ニフティが提供する「タイムライン」の作成ツールもあります。



今回の「x-Chronology」では、追加をしたらいいキーワードの提示やダイナミック追加ができます。





時間軸での移動は、「時間範囲調整バー」と「矢印の左右へのドラッグ」による2段階でできます。




矢印のドラッグ





残念ながら、「x-Chronology」はビューアですから、情報としてはYouTubeやPicasa・Flickrに登録しておく必要があります。しかし、ビューアとしては「Dipity」よりもスマートにできています。



posted by 鎌倉太郎 at 13:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック