2008年09月09日

米国・火星探査機が火星の雲を撮影、火星が一段落で次は月探査か

米国・NASAの火星探査機フェニックス・マーズ・ランダー(Phoenix Mars Lander)が、火星の雲を撮影したとの発表がありました。



映像



10分間に10枚を撮影して、動画として構成した映像との事。その為、動画での雲の動きは早くなっています。


フェニックス・マーズ・ランダーは、2007年8月4日に打ち上げられ、5月25日(日本時間5月26日)に火星の北極付近に軟着陸に成功しました。着陸後は、氷らしきものを確認したり、順調に調査を進めていました。

「火星にも雲がある」という事については、火星には今も(以前にも)水(氷)があるという知見に向けて科学的な実証を積上げていく重要な過程を示すものであろうと思います。



話しは全く別の方向・次元に飛びます。

米国・NASAは今、火星を集中的に探査しているようですが、NASAは2018年に再び宇宙飛行士を月面へ送る計画(月面探査)を持っています。既に着実な歩みを進めています(次期宇宙船「オリオン[Orion]」など)。


一方日本は、現在「かぐや」で月を周回軌道上からの観測調査をしていますが、こんな構想も持っているようです。





2025年、月面基地に人型ロボットが住む――?」も参照。


それにしてもJAXAの構想は、兎も角も出ているという事でしょうが、実現の裏付けとなる文部科学省や宇宙開発委員会の政策・施策の将来構想の資料は:


http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/reports/08031303.htm


宇宙開発に関する長期的な計画」を基に、平成20年4月に策定した「独立行政法人宇宙航空研究開発機構が達成すべき業務運営に関する目標(中期目標)を設定しています。


この中では、施策や取組み姿勢は出てきますが、何時までにどのレベルまで実現するかといった大胆な目標が出ていないのは残念・・・・・




【改訂】2008/09/09 18:00 (参考に追記)

(かぐや)後継機・無人探査車・月面着陸機




posted by 鎌倉太郎 at 16:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-月探査 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック