2021年10月04日

大地と空が織りなす絶景(625) - 皆既日食と"恐竜のポートレート"


米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら


2017年8月に米国で皆既日食(Total solar eclipse)があった際に、ワイオミング州(Wyoming)にある「キャスパー大学(Casper College)」の「Tate Geological Museum」の正面で撮った「日食と恐竜」:



(多分・・・特別に恐竜を設置して)自動撮影機で撮った"恐竜のポートレート"です。月は少しづつ地球から離れつつあり、逆に言うと恐竜時代は月が今より地球近くを回るので、もっと頻繁に日食が起きていただろうと考えられます。



posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-大地と空の景色 | 更新情報をチェックする

stozaki (@stozaki1)さんが投稿した"台風一過の夕焼けと富士山"


こちらはツイッター・アカウントstozaki (@stozaki1)さんが投稿した"台風一過の夕焼けと富士山"の写真です。




ラベル:富士山
posted by 鎌倉太郎 at 15:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

エンゼルスの大谷選手が46号本塁打で有終の美を飾る


MLBエンゼルスの大谷翔平選手が、3日(日本時間4日)マリナーズとの今季最終戦に「1番・指名打者」で先発出場、初回の第1打席で今季4度目の先頭本塁打で46号まで到達して有終の美を飾りました(こちら)。チームも○エンゼルス 7ー3 マリナーズで快勝。



大谷翔平選手の今期の実績は、
 ●投手として  23試合130回1/3、9勝2敗、防御率3.18、156奪三振
 ●打者として  155試合出場して打率.257、46本塁打、138安打、
        100打点、103得点、26盗塁
を記録。

投打両部門での活躍はレジェンドとの記録比較やメジャー史上初と云った話題を量産してくれました。その上ファンサービス・ゴミ拾い・自他選手・審判への振舞いでも好感を持たれたのは日本人として誇らしい。何ら大きな怪我もせず今シーズンを過ごしたので、来期も今期以上の成果を期待できそうです。
ラベル:大谷翔平
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

日本語の字幕のあるYouTube動画(320) - 「アイルランドの2人の偉大な戦士の神話」


チャンネル「Kurzgesagt – In a Nutshell」や「TED」などテーマの解説をするYouTube動画では、動画中の解説音声は英語でも、YouTubeの機能を活用して字幕を付けてくれます。それらの動画は内容的に範囲の幅も広く有益な(時として思いがけない)コンテンツなので、日本語の字幕を選べる動画を紹介していきます。


今回はチャンネル「TED-Ed」のこちら(「アイルランドの2人の偉大な戦士の神話 / イズルト・ギレスピー(The myth of King Midas and his golden touch - Iseult Gillespie)」)。YouTube動画の設定では、「字幕」表示をオンにし、字幕が英語であった場合には言語を「日本語」にしてください。



(英語でも、日本語でも)字幕の切替えが早過ぎる事もあります。その場合には動画設定の「再生速度」を変更してください。

YouTube_LangJapan_0101_s.jpg
posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本語字幕動画 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(1256) - 日本の紅葉  初秋の大雪高原温泉沼巡り


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。

posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(1632) - 天の川銀河の中心方向の、へびつかい座(Ophiuchus)にある暗黒星雲「Pipe Nebula」)と、いて座(Sagittarius)にあるHII領域「三裂星雲」及び散光星雲「干潟星雲」


今回の綺麗な銀河・星雲は、NASAのホームページからで、天の川銀河(銀河系、Milky Way)の中心方向の、へびつかい座(Ophiuchus)にある暗黒星雲(Dark nebula)「Pipe Nebula(Barnard 59, 65–67, and 78)」(右側)と、いて座(Sagittarius)にあるHII領域(HII region)「三裂星雲(Trifid Nebula、M20、NGC 6514)」及び散光星雲(Diffuse nebula、輝線星雲、Emission Nebula)「干潟星雲(Lagoon Nebula、M8、NGC 6523)」です(こちら)。



「Pipe Nebula」はこちら、「三裂星雲」はこちら、「干潟星雲」はこちらで紹介しています。

posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする