2021年02月15日

ベクター画像作成ツール(1) 「SvgPathEditor」(1)


今回からは無料で使えるベクター画像(SVG、Scalable Vector Graphics)作成ツールを幾つか使ってみます。最終的には多機能で多くの用途に使える「Inkscape」に行きつきたいと思いますが、先ずベクター画像について理解できるベーシックな範囲のツールとし、続いて利用目的に沿って簡易な操作にしているツールと進めてからにしたいと思います。


ベクター画像(Vector graphics)は拡縮自在である点が最大の特徴です。BMPやpngなどのビットマップ画像(Raster graphics)とベクター画像の違いを示したこちらを参照。



最初はWebアプリ「SvgPathEditor」です。こちらからアクセスすると、こちらの様に表示します。



❶は描画の手順を示すコマンドのパス、❷は各コマンドの詳細指定がパスの順に並べられたものです。❸はプレビューとしてできた画像を示します(例えばこちら)。



❹で出力ができます(こちら)。



コマンドを選択すると、描画のどこに対応するかが分かります(こちら)。




「SvgPathEditor」ではベクター画像について知る事が目標なので「×」で描画をクリアし、改めて「+」のメニューで描画をします(こちら)。




「M Move to」により開始点を選択します(こちら)。そこに表示する「・・・」のメニュー「+ Insert After」→「L Line to」により、開始点と選択した点で線が結ばれます(こちら)。





選択した点から更に線や曲線を結んでいくのですが、ここでは再び「M Move to」メニューを選んで、別の図形を描画します。実際「V Vertical Line to」→「H Horizontal Line to」→「V Vertical Line to」を使い、描画の最後は「Z Close Path」で長方形を閉じます(こちら)。



改めてコマンドの詳細欄(❷)を見ると、操作コマンドが反映できているのが分かりますし、コマンドの付属情報として位置情報も入っています。



次回は既に作った描画を変更してみます。
posted by 鎌倉太郎 at 20:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする

大地と空が織りなす絶景(442) - チリに建設されたパラナル天文台上空に広がる天の川銀河と彗星「252P/LINEAR」


米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら

チリに建設されたパラナル天文台(Paranal Observatory)上空に広がる天の川銀河(銀河系、Milky Way)と周期彗星(Comet)で地球近傍天体(Near-Earth object)「252P/LINEAR」:



2016年4月に撮影。「252P/LINEAR」の画像における位置はこちら

posted by 鎌倉太郎 at 18:44| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-大地と空の景色 | 更新情報をチェックする

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(657) - タイのスコータイ県にあるハート形の池と島


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回はタイのスコータイ県(Sukhothai Province)にあるハート形の池と島(こちら)。


グーグル地図:

posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(1084) - 早春の風景 静岡県・河津町  河津桜


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。



尚、2021年の第31回河津桜まつりは新型コロナウイルス感染症防止の為中止となっています(こちら)。

posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(1504) - こと座(Lyra)にある輝線星雲で活動銀河核を持つ「UGC 11185」


今回の綺麗な銀河・星雲は、こと座(Lyra)にある輝線星雲(Emission nebula)で活動銀河核(Active galactic nucleus)を持つ「UGC 11185」です(こちら)。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像



緑色に見えるのはクエーサー(Quasar)の爆発の影響でイオン化した酸素で、クエーサーからのビーム放出の影響が弱まると変化します。


こちらも参照。

posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする