2019年10月25日

月面探査車「YAOKI」が日本初の月面探査2021年に実施する計画


こちらのページによると、こちらの投稿で紹介した月面探査車「YAOKI」("七転八起"に由来)が日本初の月面探査を2021年に実施する計画が決まりました。




Astrobotic Technology社の「ペレグリン着陸船(Peregrine lander)」(こちら)によって月面まで運ばれます。




ラベル:月面探査車 YAOKI
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-月探査 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(640) - ビューティフル!シティー(5) ロシア・モスクワ(Moscow)夜景


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(1095) - さんかく座(Triangulum)にある渦巻銀河「さんかく座銀河(M33)」と流星の軌跡


今回の綺麗な銀河・星雲は、さんかく座(Triangulum)にある渦巻銀河(spiral galaxy)「さんかく座銀河(Triangulum Galaxy、M33、Messier 33、NGC598、Triangulum Pinwheel)」と流星の光跡です(こちら)。



大気中の強い風が、流星から生じた蒸発成分を風下に吹き飛ばしています。「さんかく座銀河」はこちらで紹介しています。



posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

大地と空が織りなす絶景(55) - アイスランドにあるエイヤフィヤトラヨークトル火山の2010年噴火と稲妻


米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら


アイスランドにあるエイヤフィヤトラヨークトル火山(Eyjafjallajökull volcano)の2010年噴火と稲妻(Lightning):




posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-大地と空の景色 | 更新情報をチェックする

日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ってみる(7) - ダイアログ(1)【改訂】


これまでは処理の結果を表示するだけでしたが、今回はダイアログ機能(コンソール入出力)により入力データを反映する処理とします。

先ず、ダイアログへの表示("言う"命令を使用)と前回までの処理結果表示("表示"命令を使用)とは区別されます。こちらでは処理結果表示をした事をコンソール表示し、「OK」のクリックで複数表示しています。

なでしこ_0701_s.jpg


表示だけの場合も「OK」のクリック待ちになります。



コンソールからの入力を促す命令は”尋ねる”です。データ入力を促すダイアログ及び「はい」か[いいえ]を問う「二択」のダイアログにおける表示例(コード)がこちら

なでしこ_0702_s.jpg


実行の様子がこちら(Gifファイル)。

なでしこ_0702_Gif.gif


最後は数量を入れる所で「取消」により終了しています。



「はい」か[いいえ]に加えて、「キャンセル」を問う「三択」も利用できます(コードがこちら)

なでしこ_0703_s.jpg


プログラミング記法で余り好まれない事ですが、「飛ぶ」命令を使っています。



実行の様子がこちら(Gifファイル)。

なでしこ_0703_Gif.gif


三択の操作では、1回目が[いいえ]、2回目が「キャンセル」としています。



【改訂】 2019年10月25日 14:00 追記



posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(639) - ビューティフル!シティー(4) ロシア・モスクワ(Moscow)


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(1094) - こいぬ座(Canis Minor)にある惑星状星雲「Abell 24」


今回の綺麗な銀河・星雲は、こいぬ座(Canis Minor)にある惑星状星雲(Planetary nebula)「Abell 24」です(こちら)。


超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)による画像




posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

大地と空が織りなす絶景(54) - スイス・インスブルックの南で撮られた、尾根に懸かった部分月食と通信塔


米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら


スイス・チロル州のインスブルック(Innsbruck)の南で撮られた、厳しい尾根に懸かった部分月食(Lunar eclipse)とライトアップされた通信塔:




posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-大地と空の景色 | 更新情報をチェックする

日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ってみる(6) - ハッシュ


配列変数では要素を指定するのに整数を使いますが、要素に文字をキーとして指定するハッシュ変数(いわゆる連想配列)を使う事ができます(こちら)。配列の場合と同様で、ハッシュ変数の宣言は明確にしておきます。

なでしこ_0601_s.jpg


「@」の後ろにキーとなる文字を指定します。
ここでは”ハッシュキー列挙”や”ハッシュ内容列挙”や”要素数”などの機能命令を使っています。
また直前に表示した後、同じ行に情報を表示するのに”継続表示”を使いますが、表示の改行に使っています。



「反復」を使って繰り返して処理を行う事ができます(こちら)。

なでしこ_0602_s.jpg


”ハッシュキー削除”で要素の削除ができます。”継続表示”の例を示していますが、使った後は”基本X”が移動してしまうので、基本Xを戻す必要があります。
コードの後半は指定するハッシュキーがない時はどのようなのかを(少し分り辛いですが)示しています。
尚、これまでのコード例でも複数行に亘って類似のコードを書く時に、半角・全角を意識して異なる様に記述していますが、許容度を確認する為です。



配列の時と同様に、バッシュ変数でも内容の分解をする事ができます(こちら)。

なでしこ_0603_s.jpg


文字列の操作として”追加”で文字の後ろに別の文字を追加できます。
”もし、”の条件で否定は”ない”を使います。



posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする

日本語の字幕のあるYouTube動画(16) - 「本当に火星に住むことはできるの?」


チャンネル「Kurzgesagt – In a Nutshell」や「TED」などテーマの解説をするYouTube動画では、動画中の解説音声は英語でも、YouTubeの機能を活用して字幕を付けてくれるます。それらの動画は内容的に範囲の幅も広く有益な(時として思いがけない)コンテンツなので、日本語の字幕を選べる動画を紹介していきます。


今回はチャンネル「TED-Ed」のこちら(「本当に火星に住むことはできるの?―マリ・フォロータン(Could we actually live on Mars? - Mari Foroutan)」)。YouTube動画の設定では、「字幕」表示をオンにし、字幕か英語であった場合には言語を「日本語」にしてください。



(英語でも、日本語でも)字幕の切替えが早過ぎる事もあります。その場合には動画設定の「再生速度」を変更してください。

YouTube_LangJapan_0101_s.jpg



posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本語字幕動画 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(638) - ビューティフル!シティー(3) イタリア・フィレンツェ(Florence)探訪


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(1093) - いて座(Sagittarius)にある「干潟星雲」・「三裂星雲」・「NGC 6559」【再改訂】


今回の綺麗な銀河・星雲は、いて座(Sagittarius)にある星間雲(Interstellar cloud)「干潟星雲(Lagoon Nebula、M8、Messier 8)」(中央左)とHII領域(H II region)「三裂星雲(Trifid Nebula、M20、Messier 20)」(左上)と星形成域(Star-forming region)「NGC 6559」です(こちらこちらこちら)。




≪上掲2画像は上下反転している?≫





構成図はこちら




「干潟星雲」はこちら、「三裂星雲」はこちら、「NGC 6559」はこちらで各々紹介しています。



【改訂】 2021年05月02日 20:10 画像の追加
              2020年04月19日 02:20 画像、構成図の追加



posted by 鎌倉太郎 at 01:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

太陽の前を横切る水星の映像から太陽黒点数を考える


米国NASAが、太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory、SDO)」が撮った、太陽の前を横切る水星(Mercury)の映像にBGM付き編集した動画を改めて紹介しています(こちら)。




こちらの様に現在太陽黒点(Sunspot)が少ない事から注目すべき太陽ではあります・・・




こちらの意見からは、マウンダー極小期(1645 - 1715年)から小氷期との関係も説得力を持ちます(火山噴火の影響もあるでしょう)。全体的に因果関係は明確でありませんが、太陽黒点の11年周期も更に大きな波の中で太陽黒点の極大数が減っている傾向にも注意する必要がありそうです(こちらも参照)。




posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

大地と空が織りなす絶景(53) - ノルウェーのグロトフィヨルド上空に広がるオーロラ


米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら


ノルウェーのグロトフィヨルド(Grøtfjorden)上空に広がるオーロラ(Aurora):




posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-大地と空の景色 | 更新情報をチェックする

日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ってみる(5) - 配列


「なでしこ」では配列も使う事ができます。配列変数の指定形式は”配列”[n]又は”配列”\nです。nは通常0から始まる整数ですが、変数を使う事ができます(こちら)。

なでしこ_0501_s.jpg


配列の要素に対する各種命令が揃っています。上掲では「配列合計」と「配列要素数」を使っています。カウントの配列要素数を表示した所では、配列は \0 から始まる事に注意してください。
”{改行}”は1行の改行になります。



2次元配列の場合は表として操作する命令が各種あります(こちら)。

なでしこ_0502_s.jpg


上掲では「表列合計」を使っています。”配列”[n]又は”配列”\nといった指定形式を使って時点で、暗黙的に配列変数の宣言をした事になります。

価格表[回数、3]の比較で ”” は 「空」 と表記する事ができます。



上掲の価格表は、こちらの様なリスト形式で作る事もできます。

なでしこ_0503_s.jpg



こちらはリスト形式で指定する時の悪い記述例です(空白を入れてはいけない。先頭の半角空白は無視する場合もありますが、特に全角空白は指定した空白と解釈する場合が多い)。

なでしこ_0504_s.jpg



「反復」で得られた要素を「対象」で取り込み、「対象」を”=”で区切って得られたものを配列として「それ」で参照できます(こちら)。

なでしこ_0505_s.jpg



配列変数を使う時は明確に宣言する事をお勧めします。配列で要素を明確に指定する使い方だけをしている時は問題ありませんが、配列に関する評価命令などを使う場合に予想しない数値が埋め込まれている可能性があります。



posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする