2019年03月09日

MS-Officeとファイル互換性が高い「LibreOffice」最新版(Ver 6.2) - データーベース機能「Base」(6)


前回は「家族用血圧・脈拍・歩数データ」テーブルと「家族一覧」テーブルを作り、その連携をできるようにした上で、家族の健康管理用データが1つのテーブルの様に見えるようにしました。

今回はデータ入力をし易いような画面を「フォーム」として作ります。見た目だけの改善ですが、フォームの画面編集操作になります。



データベースファイルを開いて、フォームの「ウィザードを使用してフォームを作成」を選択します(こちらを参照)。


「フィールドの選択」では家族用データのテーブルを選び、全ての項目を移動しておきます。



「サブフォーム」の設定はしませんのでスキップして、「コントロールの整列」で表形式ではなくて項目名と項目入力フィールドを近くに表示する形式のものを選択します(こちらでは2つ目を選んでいます)。




更に「スタイルの適用」で画面の時の色などを選択し(こちら)、フォームの「名前の設定」をして(こちら)完了します。






次にフォームの「編集」に移ります。フォーム名に対して右クリックメニューで「編集」を選択します(こちら)。



何も編集していない状態としてこちらを表示します。




各項目を選択するとドラッグでフォーム設定範囲内を移動できます(こちら)。


入力府イールドの長さも変更できます。



入力の支援をする為に「個人識別ID」の凡例をテキストで表示するようにします。フォーム編集画面の左下にある「フォームデザイン」アイコンをクリックし、下部の「テキストボックスの挿入」アイコンを選択します(こちら)。


ここでは「個人識別ID」の下にドラッグでテキストボックスを設定して、凡例を入力しています。



表示するテキストのフォントの選択も行えます(こちら)。


イラストを入れたり、凡例に吹き出しを使うと柔らかい感じを出せるかもしれません。



フォームの編集を終えて、フォームからの入力を行う為にダブルクリックで起ち上げると、こちらのように表示します。




今回編集したフォームでは入力済みのデータを表示しますので、下部にあるレコード操作できるアイコン(|<・<・>・>| など)で最終レコードの次に移動してから入力します。



データを修正したい時などには便利ですが、データ入力操作では煩わしく感じると思います。次回は入力操作を想定したフォームデザインを行います。



posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用-LibreOffice | 更新情報をチェックする

有人宇宙船「ドラゴン2」の無人での実証テストに成功、大西洋に無事に着水


こちらの米国NASAの記事によると、有人宇宙船「ドラゴン2」の無人での実証テストで、ISSから切り離された後大西洋フロリダ沖に着水に成功しました。その着水時の映像がこちら



posted by 鎌倉太郎 at 08:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(448) - 早春の風景(7) スウェーデンのイェムトランド地方


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(918) - はくちょう座(Cygnus)の方向にある散光星雲「網状星雲(Veil Nebula) 」の「Western Veil」【改訂】


今回の綺麗な銀河・星雲は、はくちょう座(Cygnus)の方向にある散光星雲(Diffuse nebula)「網状星雲(Veil Nebula、ベール星雲) 」の内、「NGC 6979」・「Pickering's Triangle」・「NGC 6960」を含む「Western Veil」の広い部分をカバーしています(こちら こちら)。識別にはこちらを参照。





「網状星雲」について、こちらこちらも参照。



【改訂】 2019年09月24日 18:15 最新画像による差替え



posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする