2019年03月28日

綺麗な銀河・星雲(936) - おとめ座(Virgo)にある渦巻銀河(Spiral galaxy)「NGC 5806」


今回の綺麗な銀河・星雲は、おとめ座(Virgo)にある棒渦巻銀河(Barred spiral galaxy)「NGC 5806」です(こちら)。


右下の薄い黄色の点「SN 2004dg」は超新星爆発(Supernova explosion)の痕跡で、2004年に爆発する前の高精細画像もあり、比較できるという意味で研究上貴重な存在です。



posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(415) - 山口県にある自動車テストコース「マツダ美祢試験場(Mazda Mine Proving Grounds)」


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回は山口県にある自動車テストコース「マツダ美祢試験場(Mazda Mine Proving Grounds)」(こちら)。

グーグル地図:



以前は「MINEサーキット(Mine Circuit)」でした。



posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

メキシコ旅行 - テンブレケ水道橋(2日目)


2日目の最初は16世紀の造られた「パドレ・テンブレケ水道橋(Aqueduct of Padre Tembleque)」でした(こちらこちら)。





水利施設として水路の総延長は 45㎞ 以上ありますが、殆どは地中にあります。テペヤワルコ峡谷(Tepeyahualco)を越える為の水道橋が上掲の建造物です。アーチの高さは40m近くあるとの事ですが、高さを実感できる付近まで観光時間の関係で行けませんでした。



一部壊れている部分があったのですが(こちら)、幅はそれほど広くないようでした。それでも貴重な給水施設になったはずで、当時の住民も建設に協働し、一部の建設で地元に以前からあった手法を用いて保守もし易い様にしてあるとの事でした。




ここでガイドからは、無意識で「ヒアリ」の巣や通り道で写真撮影などをしないように・・・と注意されました(こちらが実際の巣近く)。





posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記-中南米の旅 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(466) - 春爛漫 神奈川県横浜市 根岸森林公園


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(935) - さいだん座(Ara)にある球状星団「NGC 6362」


今回の綺麗な銀河・星雲は、さいだん座(Ara)にある球状星団(Globular cluster)「NGC 6362」です(こちらこちら)。



ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による中心部の高精細画像




posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

メキシコ旅行 - メキシコシティ(1日目)


旅行期間でできなかった事を実施している内に一週間が過ぎてしまいました。



成田国際空港からメキシコシティの空港までは約12時間半。標高:2200m程あるので機中からの軽い上着を着ていても暑さは感じませんが、良い天気であったので太陽の陽に当たる中で徒歩移動は上着が若干邪魔になるくらいでした。しかし、朝晩の空気は冷えていました。


入国は昼過ぎでしたから、ホテルに入る前にメキシコシティの歴史地区の観光でした。世界遺産になっているソカロ広場(Zócalo)の一面には国立宮殿があり、独立記念日(9月16日)に大統領が儀式的に毎年同じ文言の演説をする場でもあり、お祭り好きのメキシコ人が群衆となって集いますから、とても広い(こちら。前面の3つの建物の左が市庁舎)。



上掲写真の左に国立宮殿があります(こちら)。


国立宮殿の中央の3階のベランダ(こちら)で演説しますが、借用の写真ではこちらのように盛大に行われるようです。



国立宮殿に向かって広場の左面にはメキシコシティ・メトロポリタン大聖堂(Mexico City Metropolitan Cathedral)があります(こちら)。




入堂すると直ぐに見えるのが「毒薬のキリスト」(こちら)。言い伝えで、毒に侵された信者から毒を吸い取ったため肌が浅黒くなったといわれています。




非常に大きな聖堂です(こちら)。




中央の祭壇がこちらで、祭壇までの左右には多数のチャペルが並びます(その1つがこちら)。






パイプオルガンがこちら




posted by 鎌倉太郎 at 16:31| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-中南米の旅 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(465) - 春爛漫 長野県 安曇野


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(934) - ろ座(Fornax)にある棒渦巻銀河(Barred spiral galaxy)「NGC 922」


今回の綺麗な銀河・星雲は、ろ座(Fornax)にある棒渦巻銀河(Barred spiral galaxy)「NGC 922」です(こちら)。



円形のリングと乱れた渦巻は、3億3000年前に小さな銀河が現在の「NGC 922」となった銀河の中心に衝突(通過?)した影響だと考えられています。



posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

今週の4K映像(464) - 春爛漫 千葉県富津市


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(933) - ろ座(Fornax)にある棒渦巻銀河「NGC 1398」


今回の綺麗な銀河・星雲は、ろ座(Fornax)にある棒渦巻銀河(Barred spiral galaxy)「NGC 1398」です(こちらこちら)。




紫外線宇宙望遠鏡(Galaxy Evolution Explorer、GALEX)による画像




posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(414) - 広島県にある自動車テストコース「マツダ三次試験場(Mazda Miyoshi Proving Ground)」


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回は広島県にある自動車テストコース「マツダ三次試験場(Mazda Miyoshi Proving Ground)」(こちら)。

グーグル地図:






posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(463) - 春爛漫 兵庫県淡路島


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

本ブログでGoogle地図をサイト表示する時の注意【再改訂】


【最新版のChrome、Firefox、IE、Edgeで解消しました。Ancia Chromeは解消せず】
【Chrome、Firefox、IE、Edge、Ancia Chromeの全てで解消しました】

現在本ブログのテーマ「グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション」で、Google地図をサイト表示するとアバウトな位置表示になる事が分かりました。具体的には「こちら」からアクセスしても埋め込み表示しているような詳細レベルにズームインしません。

これは既に投稿してきた殆どの記事で発生している(一部特殊指定している場合は可)事からみて、最近公開したGoogle地図の改訂が影響していると思われます。


対策として「こちら」からアクセスするのではなく、記事に埋め込まれているGoogle地図上の「拡大地図を表示」からアクセスするようにしてください。

Google地図参照不良.png



【改訂】 2019年04月27日 21:50 Ancia Chromeも解消
              2019年03月27日 13:00 一部を除いて不良解消



posted by 鎌倉太郎 at 04:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(932) - おとめ座(Virgo)にある中間渦巻銀河「M61(Messier 61)」


今回の綺麗な銀河・星雲は、おとめ座(Virgo)にある中間渦巻銀河(Intermediate spiral galaxy)「M61(Messier 61、NGC 4303)」です(こちらこちらこちら)。


ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像








【改訂】 2019年12月15日 21:35 新画像の追加



posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

JAXAとトヨタが月面有人与圧ローバーの研究・開発で協業の検討


JAXAのこちらのニュースリリースによると、JAXAとトヨタが月面で宇宙飛行士を搬送するローバー(Rover)の研究・開発で協業の可能性を検討していく事になりました。



初期検討でのイメージ動画がこちら




現状の検討段階で有人の与圧ローバーはこちらの大きさ。


「与圧」なので宇宙飛行士は車内では宇宙服を脱げる。



月面の探査は下図の5か所の領域(長方形囲み)を想定しています。先ずローバーを月面の最初の探査領域におろし、宇宙飛行士は月の軌道を周回している「月近傍有人拠点(Gateway)」から宇宙船で月面に降ります(こちら)。


一つの領域を探査し終わると宇宙飛行士は「Gateway」に引き上げます。ローバーは次の探査領域に(無人の)自動運転で自律的に移動します。ローバーが目的地に着いたら宇宙飛行士が再び宇宙船で降下して領域を探査する、といった事を繰り返します。



ここには多くの課題があります。自動運転一つとっても、地球上と違ってGPSは使えないし、事前に計測した地図を用意できる訳でもありません。しかし、はやぶさ2での自動制御の経験やNASAの火星探査車の実績がありますから、易しくはないでしょうが不可能ではないでしょう。

想定するローバーでは水素と酸素を使った燃料電池車とするのもポイントですが、現在の技術の単なる延長ではないでしょう。

ローバーを2台送り届けるロケットの制限から、大きさ・重量への制約事項もあります(こちらを参照)。




厳しい環境で安全・確実に1万キロを走破する必要がありますから、トヨタの品質・耐久性・信頼性への期待が大きいですネ。



posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-月探査 | 更新情報をチェックする