2019年01月10日

綺麗な銀河・星雲(861) - 渦巻銀河「アンドロメダ銀河(Andromeda Galaxy)」の前を横切る「ペルセウス座流星群(Perseids)」


今回の綺麗な銀河・星雲は、渦巻銀河(Spiral galaxy)「アンドロメダ銀河(Andromeda Galaxy、Messier 31、M31, NGC 224)」の前を横切る「ペルセウス座流星群(Perseids)」です(こちら)。2016年にホンの一瞬のタイミングで撮影。





posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

多数の指定地時刻をタイル状に表示するサイト「Waqt」


世界各地の指定地時刻をタイル状に表示するWebサイト「Waqt」があります(こちら)。



「Add location...」に国名、州名・県名、都市名などを入れると、(若干時間が掛かる時がありますが)追加できます。個々に削除アイコンで削除もできます。

英語で指定しなくても、日本語(外国の場合はカタカナ)で入力しても認識します。感心したのはGoogle地図で見つけた小さな町の名前でも認識してくれる事。逆に、「アメリカ」は東部と西部で3時間の差があり不適切で、少なくとも州名にする必要があります。



検索欄の前にある地球アイコンをクリックして時間を指定すると、時計アイコンをチェックした場所を基準とした世界各地の時刻を表示します(こちら)。


指定時間を固定にした上で、チェックする時計アイコンを変更して時間の変化を見る事もできます。



尚、Android系のタブレットでも利用できる事を確認しました(こちら)。




同じPC内で同じブラウザでアクセスする限り、直前で設定した地域の時計タイルは維持しています。
アナログ時計が12時間表示なので昼夜の区別ができるようになっていると更にいいのですが・・・(デジタル表示も付加されていますが・・・)



ラベル:世界時計
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(389) - 日本の冬景色(11) 東京湾から富士山を望む


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

萩・津和野・宮島の旅(8) 瑠璃光寺の五重塔


第3日の2番目(で今旅行の最後)は、山口市香山町にある瑠璃光寺(こちら)の国宝「五重塔」でした(こちらこちら)。







法隆寺室生寺興福寺醍醐寺など何気なく見てきた五重塔ですが(厳島神社でも・・・)、ここは京都の醍醐寺・奈良の法隆寺のものと並ぶ日本三名塔の一つになっています。



この五重塔の建立は1442年で大内氏の領地であり、香積寺と称していました。瑠璃光寺という名称は、陶氏により1471年現在の山口市仁保高野に建立した安養寺が、1492年瑠璃光寺と改められた事に由ります。 つまり別の場所に建てられた別の寺院でした。

所が毛利氏は1604年に香積寺を萩に引寺、その跡地に1690年仁保高野の瑠璃光寺を現在の地に移し、名称もそのまま引き継ぎました。



ここで出てくる3氏は複雑な関係にあります。大内氏の第16代当主大内義隆に対して、(それなりの理由があるでしょうが・・・)家臣の陶隆房(後の晴賢)が謀反。

毛利元就は1555年陶晴賢(隆房から改名)を「厳島の戦い」で自害に追い込んでいます。


添乗ガイドからの示唆で調べたのですが、歴史におけるこの背景に対し更に姻戚関係などの背景もあるようですが詳述しません。



この歴史が分かると、この地に毛利家(萩藩主)の墓所(香山墓所)のある理由も若干理解できます(こちら)。



参道の石畳で手を叩くか強く足踏みすると反響音が返ってきます(「うぐいす張りの石畳」と呼ぶ)。恐らく音が高い石段の段毎に反響が少しづつずれるからではないでしょうか。



サルスベリの樹に途中から松の幹が出ています(こちらの中央部分に注目)。前後関係で松の幹の下部が写真に写らないのではありません。




「枕流亭」と呼ぶ歴史的建物があります(こちら)。坂川の流れにのぞむ湖畔にあったのを移築しています。


土佐藩の坂本龍馬の呼びかけで、薩摩藩の西郷吉之助(隆盛)や大久保一蔵(利通)ら、長州藩は木戸準一郎(孝充、桂 小五郎)や伊藤俊輔(博文)らが会合した場所との事です。



帰路は本州の南海上を通るルートであった上に右窓側であったので、太陽の反射光を受ける形で伊豆諸島(と思われる)の島々を見る事ができたのも初めてでした(こちら)。




着陸態勢に入っている千葉県上空で旧「浸透実験池」(こちらこちらも参照)が見えたのもラッキーで、個人アレンジなら絶対に夜間便にしていた所を昼間便の故です。




今回は現地での添乗ガイドが(旅行会社の添乗員としての役割を果たしながら)、宿の女将には言えないが・・・といいながら、女将の微笑ましい裏話をしたり、歴史的な事も直接的な背景を裏話的な内容も含めて説明するなど、有益な話しが多かったのは好感を持てました。



posted by 鎌倉太郎 at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(388) - 日本の冬景色(10) 京都 三千院


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

超深宇宙領域にある銀河の音を聴いて地球からの距離を知ろう!


こちらの投稿でハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による超深宇宙領域の探査結果である「ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド(Hubble Ultra Deep Field)」を紹介しています。

綺麗な銀河・星雲(322) - ろ座(Fornax)の宇宙深部「ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド(Hubble Ultra Deep Field)」【2016年01月24日】



こちらは「ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド」の画像ですが、その画像中にある銀河にマウスを合わせると音を発するようになっています。

Hubble Ultra Deep Field_Sounds.jpg

地球との距離を赤方偏移で表す手法から、赤方偏移が大きいほど遠方にある事を表現する低音になっています。



posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(387) - 日本の冬景色(9) 北八ヶ岳 善五郎の滝


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(859) - アインシュタイン・リングを伴う銀河団「SDSSJ0146-0929」


今回の綺麗な銀河・星雲は、銀河団(Galaxy cluster)「SDSSJ0146-0929」です(こちら)。アインシュタイン・リング(Einstein ring、Einstein–Chwolson ring or Chwolson ring)」と呼ばれる宇宙現象で、重力レンズ(Gravitational lens)効果に依ります。




posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

萩・津和野・宮島の旅(7) 「秋吉台」の鍾乳洞「秋芳洞」


第3日は最初に訪れたのが山口県にある日本最大のカルスト台地「秋吉台」の鍾乳洞「秋芳洞」でした。



「秋芳洞」までの「秋吉台」の風景がこちら


石灰岩柱が数多く見られました。



「秋芳洞」は黒谷案内所側から入洞しました。こちらの洞内図を見ると、一方的な下り道になるので上手い選択であったようです。


観光的にも洞内を観終って休息・土産物購入という流れになり、巧く行くようです・・・(黒谷案内所側に土産物店は殆ど無い)



洞内のチェックポイントでの形状を幾つか掲載します。こちらこちらこちらこちらこちらこちら














posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(386) - 日本の冬景色(8) 安芸の宮島


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

NASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が、「Ultima Thule」を撮った映像


こちらの記事によると、2015年に冥王星(Pluto)を探査した(こちらなどを参照)NASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ(New Horizons)」が、エッジワース・カイパーベルト(Kuiper belt)にある「(486958) 2014 MU69(愛称: Ultima Thule)」で1月1日にフライバイを実施(こちらの投稿も参照)、その際に「Ultima Thule」の観測を行い27,000 ㎞まで接近して撮った映像を送ってきたのがこちら



2つの球(幅:19㎞と14㎞)が接続した状態(長さ:31㎞)です。太陽系で惑星がどのように形成されるかを理解するのに役立つとの事。


観測データの転送には数か月掛かるとの事で、更に高解像度の写真が期待できそうです。



はやぶさ2」が着陸を試みようとしている「リュウグウ」は、火星と木星の間にある小惑星ですが、エッジワース・カイパーベルトは海王星軌道より外側にあります。




posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(858) - アンドロメダ座(Andromeda)にある銀河団「PSZ2 G138.61-10.84」


今回の綺麗な銀河・星雲は、アンドロメダ座(Andromeda)にある銀河団(Galaxy cluster)「PSZ2 G138.61-10.84」です(こちら)。数十億個の銀河を含む巨大な銀河団です。




posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

今週の4K映像(385) - 神奈川県小田原市 消防出初式「梯子乗り」


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。




posted by 鎌倉太郎 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(857) - 天の川銀河の中心部に存在するふくらみ「銀河バルジ(Bulge)」にある球状星団「Terzan 5」


今回の綺麗な銀河・星雲は、天の川銀河(Milky Way)の中心部に存在するふくらみ「銀河バルジ(Bulge)」にある球状星団(Globular cluster)「Terzan 5(Ter 5、ESO 520-27、2MASX J17480455-2446441)」です(こちら)。




posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする