2017年11月26日

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(202) - 米国ネバダ州エリア51近くにある「Nevada Circle」


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回は米国ネバダ州エリア51近くにある「六芒星(Nevada Circle)」(こちら)。


グーグル地図:



 
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

今週の4K映像(107) - イタリア・ヴェネツィア(3)


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChrome、(最新版)FirefoxまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(201) - 米国ネバダ州エリア51近くにある「The Nevada Desert Triangle」


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回は米国ネバダ州エリア51近くにある「The Nevada Desert Triangle」(こちら)です。


グーグル地図:





 
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

綺麗な銀河・星雲(641) - うお座(Pisces)にあるレンズ状銀河「NGC 125」と「NGC 128」


今回の綺麗な銀河・星雲は、うお座(Pisces)にあるレンズ状銀河(Lenticular galaxy)「NGC 125(PGC 1772)」とレンズ状銀河「NGC 128」です(こちら)。




こちらを参照(回転して確認が必要)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

スコットランド紀行(25) - オーバンとその周辺


スコットランド滞在第9日目は、ロッキー湖(Loch Lochy)中央部のレター・フィンレイ(Letter Finlay)という小さな村から、スコットランド西部の港町オーバン(Oban)への移動です。その間、グレンフィナン高架橋(Glenfinnan Viaduct)やカレドニア運河(Caledonian Canal)のバナビ閘門(Neptune's Staircase、Banavie Locks)、そして雄大な景観のグレンコー(Glen Coe)に行きました。



グレンコーからオーバンに行く間に、小さな島に建つ古城を見つけました。車窓からチラッと見えたので探して撮ったお城がこちら



写真を撮っただけですが、調べてみたら伝統的に「Castle Stalker」と呼ばれる「Aaaargh Castle」との事です。1900年代初期に再建されました。



もう一つ通りすがりに車窓から見つけたものが、「Connel Bridge and Lara Falls」です(こちら)。但し、これは第10日目にインヴァレリー城(Inveraray Castle)を観光したオーバンへの帰路で見つけました。


「コネル橋(Connel Bridge)」はカンチレバー(cantilever)を用いた手法で建設していて、他の例として以前にエディンバラ(Edinburgh)近くにあるとして紹介した「フォース橋(Forth Bridge)」があります。

「Lara Falls」は上流の「エティーブ湖(Loch Etive)」の水位と海面の潮位による差から岩場の棚で起こります。



さて、オーバンの街は大型のフェーリーが発着するなど、マル島(Isle of Mull)などをはじめ西に点在する島々への起点となっています(こちらこちら)。大規模な柱状節理の洞窟が見られるスタファ島(Staffa)などへの観光船もここから運行しています。





鉄道が発着したり(こちら)、ウィスキー蒸留所(こちら)・大型スーパーもあり、観光客が多いせいか非常に活気を感じました。





オーバンに宿を予約した背景はスタファ島への観光を想定していました。しかし、観光船が小型の漁船並みで、オーバン湾が波静かでも島は外洋域になる上、島の周りは特に波が荒いとの事。更に翌日の天気予報が必ずしも良くない状況で(こちら)、スタッファ島観光は(怖気づいて?)断念しました。その代わりに、エディンバラへの途中で寄ろうと思っていたインヴァレリー城を観光する事になった訳です。




第9日のルートは古城やコネル橋を追記してこちらに再掲しておきます。



 
posted by 鎌倉太郎 at 18:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

HTML5対応のWYSIWYGなHTMLエディタ「BlueGriffon」を使ってみた(1)


HTML5対応のWYSIWYGなHTMLエディタ「BlueGriffon」の最新版(Ver 3.01)が公開されたので使ってみました。HTML5やCSSを知っていれば細かな事まで使いこなせますが、今回の試使用ではできるだけWYSIWYGの範囲で利用できる機能に絞ります。それでも多くの事ができます。



こちらの上部メニュ―「download」でページ下部に移行してダウンロード・インストールできます。




起動するとこちらの様になります。




今回は「我家のIT化」ブログのこちらの記事を、HTMLによる1ページ表示ができるようにします。他のサイトページへのリンクを含んだテキストとサムネイルによるリンクで画像を表示する必要があります。



先ず、「ファイル」→「新しいページのオプション」で言語として「日本語(ja)」を選択します(その他は変更せず)。こちらを参照。




一旦「ファイル」→「名前を付けて保存」とすると、ページの表題入力になります(こちら)。


記事のタイトルを入力して、実際のファイル名を指定した保存になります。



さて真っ新のページの左上にクリックして記事タイトルを入力します。その際「見出し3」を指定しておきます(こちら)。


「見出しn」は文字の大きさですから、必要により他の見出しサイズを選択できます。


記事見出し「・・・を公開」の最後に位置付けてEnterキーを押下すると、2番目の要素(段落)を入力できます(こちら)。




同様にしてテキストを段落毎に入力します。ただし、3番目の段落には画像を入れたいので空いた状態にしておきます(こちら)。




次に画像(サムネイル)をページに挿入します。これは画像挿入アイコンを使い、画像ファイルのローカルアドレスを指定します(こちら)。




さてここでクリックで画像を選択して「中央に位置付け」るアイコンを使います(こちら)。




最後にテキストをマークの上リンクのアイコンを選択して、飛び先のURLを設定します(こちら)。


画像からのリンクも同様ですが、画像についてはテキスト時のマークではなく)クリック選択をして飛び先のURLを設定します。



完成したらブラウザでプレビューします(こちら)。


最新のFirefox及びChrome系では確認しましたが、IE系・Edgeでは表示できないor一部機能しないなどの問題が出ていました。



ブラウザで表示した結果がこちら



 
続きを読む
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 体験利用-テキストエディタ | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(106) - イタリア・ヴェネツィア(2)


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChrome、(最新版)FirefoxまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

スコットランド紀行(24) - カレドニア運河のバナビ閘門と雄大な景観のグレンコー【追記】


スコットランド滞在第9日目は、ロッキー湖(Loch Lochy)中央部のレター・フィンレイ(Letter Finlay)という小さな村から、スコットランド西部の港町オーバン(Oban)への移動です。その間、グレンフィナン高架橋(Glenfinnan Viaduct)やカレドニア運河(Caledonian Canal)のバナビ閘門(Neptune's Staircase、Banavie Locks)、そして雄大な景観のグレンコー(Glen Coe)に行きました。



今回はカレドニア運河のバナビ閘門と雄大な景観のグレンコーです。


カレドニア運河のバナビ閘門は8段になっています(こちらこちらこちら)。




構造的にはフォート・オーガスタス(Fort Augustus)にある閘門(Lock)と同じに見えました。カレドニア運河の閘門は途中の車窓から幾つか見る事がありましたが、数の最も多い上位2つを見られたのはコースとしてラッキーでした。



雄大な景観のグレンコーは、スコットランドで最も美しいといわれる峡谷です。「Glen Coe」の「Glen」は峡谷の意味ですから、コー峡谷となりますが、ガイドブックではグレンコーとしています。近くに「グレンコー(Glencoe)」村があり、インターネットで調べている時にチョッと認識錯誤した時がありました。



撮った写真はこちらこちら、そして先に進んから振り返る方向のこちらなどです。




残念ながら実際に見る景色の方がはるかに素晴らしい・・・



近くにビジターセンターがあります。ここのベランダなどで少し高い位置から上掲のような景観が見られると期待したのですが、こちらのようです。


トレッキングの出発基地的な位置付けのようです。



第9日のルートはこちら




【改訂】 2017年11月23日 15:20 ルート地図の追加


 
posted by 鎌倉太郎 at 14:01| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(105) - イタリア・ヴェネツィア(1)


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

Firefoxの最新版(Ver. 57 安定版、Quantum)を公開


こちらのMozilla公式ブログによれば、Firefoxの最新版(Ver. 57 安定版)を公開しました。こちらからのダウンロードまたは更新指定で最新版にできます(こちらを参照)。
 ・The New Firefox Is Here!【2017/11/14】




応答性は従来(Ver. 52)と比べて2倍速く(Chromeより速く・・・)、使用メモリーもChromeと比べて30%少ないといいます。大幅な改善という事もあるのでしょう、名称も"Firefox Quantum"と付加しています。コードも75%を書き換えたようです。技術上のポイントは、マルチコアH/Wにおける並行処理アルゴリズムを、コア毎に完全に異なるタスクを割り当てる事からきめ細かい利用にした事だそうです。



応答性はここまで早くなってくるとあまり気にしなくなりましたが、複数のブラウザを同時に起ち上げている私にとって、メモリーの削減は助かる点になります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 03:55| 神奈川 ☔| Comment(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(200) - 米国ネバダ州トノパ近くにある太陽熱発電「Crescent Dunes Solar Energy Project」


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回は米国ネバダ州トノパ(Tonopah)近くにある太陽熱発電(Solar thermal energy)「Crescent Dunes Solar Energy Project」(こちら)です。


グーグル地図:





 
posted by 鎌倉太郎 at 23:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

スコットランド紀行(23) - グレンフィナン高架橋とチャールズ記念塔


スコットランド滞在第9日目は、ロッキー湖(Loch Lochy)中央部のレター・フィンレイ(Letter Finlay)という小さな村から、スコットランド西部の港町オーバン(Oban)への移動です。その間、グレンフィナン高架橋(Glenfinnan Viaduct)やカレドニア運河(Caledonian Canal)のバナビ閘門(Neptune's Staircase、Banavie Locks)、そして雄大な景観のグレンコー(Glen Coe)に行きました。



今回はグレンフィナン高架橋です(こちら)。これは世界最古のコンクリート製鉄道高架橋で、現役です。ウエスト・ハイランド線(West Highland Line)が通っています。




ハリーポッターの映画で使われたり、カーブを描いた姿は魅力的ですが、目的は蒸気機関車「ジャコバイ号(Jacobite steam train、The Jacobite)」がフォート・ウィリアム(Fort William railway station)を出発してこの陸橋を通過する場面を撮ろうという訳です。ジャコバイ号の通過時間を狙って人が集まっていました(こちら)。




ジャコバイ号が高架橋を通過している雄姿がこちら




付近にチャールズ記念塔(グレンフィナン・モニュメント、Glenfinnan Monument)があります(こちら)。


チャールズ・エドワード・ステュアート(Charles Edward Stuart)はジャコバイト(Jacobite)の支持を受けてここで旗揚げ・蜂起しますが、カロデンの戦い(Battle of Culloden)でイギリス政府軍に敗れます。

チャールズはスコットランドでは人気が根強いようで、モニュメントの塔だけでなく、ここの観光センター内に戦場の軍配置模型などを展示していました。スコットランドの旅行をしながら、イングランドとスコットランドの歴史を調べる(知る)と、非常に深く感じる所がありました。

尚、ジャコバイ号の名はジャコバイトからきている事は認識できると思います。


 
posted by 鎌倉太郎 at 16:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(104) - イタリア・ミラノ(3)


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

太陽系外からの来訪者「オウムアムア」


こちらの記事によると、観測史上初めての太陽系外からの来訪者、「オウムアムア(Oumuamua)」という愛称(正式には「1I/2017 U1」)の恒星間天体(Interstellar object)が注目されています。米ハワイ大などのチームが発見、「オウムアムア」はハワイ語で「最初の偵察者」という意味です。


観測データによると非常に細長いと考えられています。想像イラストがこちら


長さは最低で400m、岩石(と金属)とみられます。



今年10月19日に見つかりました。9月9日に太陽へ最接近、10月14日には地球に最接近して既に地球から離れつつあります。軌道はこちらの様になっていて、黄道の上からやってきた事になります。



 
posted by 鎌倉太郎 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする