2017年07月14日

PM2.5が7月15日に首都圏と中国地方で「注意喚起」レベルになる予測


大気汚染粒子(PM2.5)の状況をシミュレーションによる予測動画を表示する「SPRINTARS」(7月14日朝の予測)によると、PM2.5が7月15日に首都圏と中国地方で「注意喚起」レベルの「非常に多い」状態になります。

大気汚染粒子の予測動画ではこちらの様になります。


地元での詳細情報・警告に注意しましょう。


 
ラベル:SPRINTARS PM2.5
posted by 鎌倉太郎 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(79) - 長岡花火(2) - 「この空の花」


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

スコットランド紀行(7) - ブレイマー城とバラター


スコットランド(Scotland)観光の第2日の2番目は、バルモラル城(Balmoral Castle)からさらに先へ進んだ所にあるブレイマー城(Braemar Castle)でした(こちら)。


入城できますがしませんでした。ブレイマー城は1628年に初期の創建が行われていますが、直ぐに地域紛争で焼け落ちた後1748年に再建しています。


牧場の中の居城で、堅固な守備態勢には程遠い。再建はイングランド軍の駐屯地といった位置付けでした。ガイドブックによると、幽霊が多く目撃されている事で有名だそうですが、良く晴れた日の訪問であったので、そのような雰囲気は全くありませんでした・・・


のんびりと草を食む羊が(こちら)、争いの歴史を忘れさせてくれそうです。




第2日の3番目はディー川(River Dee)に架かる石橋です(こちらこちら)。



立派な橋ですが橋の幅が荷車1台部ぐらいしかなく、既にリタイアしています。新しい石橋は2車線になっています。


ハイランド地方(Scottish Highlands)・ケアンゴームズ国立公園(Cairngorms National Park)などを走行した中で、多くの石橋を渡りました。中には1車線分しかないので、信号機による相互交通になっている場合もあります。橋の幅を比較から除くと、今回の旅行中に出会った石橋の中で最も堅牢で大きいものになります。

橋の近くには釣り人もおり、憩いの場所にもなっているようです。



さて、三泊お世話になったバラター(Ballater)の街は、非常に落ち着いた街並みになっています(こちら)。



ロイヤルファミリーが夏の休暇を過ごすバルモラル城が近くにあるのが関係するのか、食糧買い出しなどをしていたスーパーの近くに、英国王室御用達(Royal warrant)の栄誉を得ている証として、こちらの様に紋章を掲げているお店がありました。




第2日の行程をまとめるとこちらになります。



 
posted by 鎌倉太郎 at 18:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(78) - 長岡花火(1) - 「フェニックス」


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

スコットランド紀行(6) - ロイヤルファミリーが夏の休暇を過ごすバルモラル城(2)


スコットランド(Scotland)観光の第2日の1番目、バルモラル城(Balmoral Castle)で前回の続きです。。

バルモラル城内で散策したルートを前回同様にこちらで掲載しておきます。


但し、お城のスタッフからの推奨ルートはこちらです。


庭園の一部として噴水(⑧、前回参照)がシャッター・ポイントになっていますが、庭園はどちらかというと温室中心です(こちら)。




何気なくゴルフコースのような芝(?)のスペースに向かうと、広大な空間が広がり一端に休息の場所があったり(こちら)、小池があったりします(こちら)。




広大な空間を宮殿横の庭園から見たのがこちら




同じ場所の宮殿側にはこちらの庭園も。




宮殿の裏には新設した(?)建物があって唯一入れる場所であり、写真は撮れませんが戴冠マントなどを展示していました(⑫、こちら。塔の左前の建物)。




散策ではディー(Dee River)の川辺にも行けました(こちら)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(77) - 三重県・二見興玉神社(夫婦岩)


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

スコットランド紀行(5) - ロイヤルファミリーが夏の休暇を過ごすバルモラル城(1)


スコットランド(Scotland)観光の第2日の1番目は、ロイヤルファミリーが夏の休暇を過ごすバルモラル城(Balmoral Castle)に行きました。

ロイヤルファミリーはこの時点で滞在しておられないとの事で、広い庭園内を散策できました(10日後にはエディンバラに1週間滞在されたようです)。


バルモラル城内で散策したルートをこちらに掲載しておきます。


但し、お城のスタッフからの推奨ルートはこちらです。駐車場からディー川(Dee River)を渡った所で入城チケットの手続きをし、オーディオ・ガイド(但し、この時点で日本語は無し)を申し込める建物(①)まで15分ほど(緩やかな)上り坂を歩きます(無料移動車もある)。



その間は背の高い木々並木になっています(こちら)。




オーディオ・ガイドを申し込める建物(こちら)に付属する倉庫のような建物では、かつて使われた品々を展示していました(こちら)。



近くには軽食が頂けるコーヒーショップ(⑬)があります。



早速お城の建物(宮殿という方が合っている)に向かいます(こちら)。



建物内には入れません。宮殿の前には広大な芝の広場があります(こちら)。




散策中に休息をとる(?)コテージ(⑨Garden Cottage)も雰囲気があります(こちら)。




更に進むと庭園の一部として噴水(⑧)があり、こんな角度でのショットが撮れます。




写真が多くなるので、続きは次回にします。


 
posted by 鎌倉太郎 at 18:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(76) - 三重県・丸山千枚田


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。



posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

綺麗な銀河・星雲(629) - りょうけん座(Canes Venatici)にある渦巻銀河「NGC 4395」


今回の綺麗な銀河・星雲は、りょうけん座(Canes Venatici)にある渦巻銀河(Spiral galaxy)でセイファート銀河(Seyfert galaxies)「NGC 4395」です(こちらこちらこちらこちら)。3つに分けて「NGC4401」、「NGC4400」、「NGC4399」と名付けられています(こちらを参照)。



レモン山天文台(Mount Lemmon Infrared Observatory)による画像



ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像



キットピーク国立天文台(Kitt Peak National Observatory)による画像



 
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

スコットランド紀行(4) - ダノター城


スコットランド(Scotland)観光の第1日の3番目は、ダノター城(Dunnottar Castle)でした(こちら)。




堅固な守りを誇り、3面は海、1カ所の入り口である城門(こちらこちら)には日本の城でいう「狭間」(または「銃眼」)のような穴があり(こちら)、城内まではこちらのような急坂のトンネルを抜ける必要があります。









この城はスコットランドを舞台とするディズニーのアニメ映画「メリダとおそろしの森(Brave)」の舞台のモデルになったといいます(予告編がこちら)。




廃城になっていますが(こちらこちら)、一部復元しています(こちら)







この後宿泊ホテルのあるバラター(Ballater)に向かいました(こちら)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(75) - 三重県・風伝おろし


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする

スコットランド紀行(3) - ゴルフの聖地セント・アンドルーズ・オールドコース


スコットランド(Scotland)観光の第1日の2番目は、1552年に作られた世界最古のゴルフ場(セント・アンドルーズ・リンクス、the Links at St Andrews)でも最も古いコースとされる「セント・アンドリュース オールドコース(Old Course at St Andrews)」でした(こちら)。




車は直ぐ近くにある「英国ゴルフ博物館(British Golf Museum)」の駐車場に入れて散策しました(こちら)。


2階ではこちらの様な角度でコースを見ながら、コーヒーや軽食などを頂く事ができます。


時間も多くは取れないので、スタート1番と上がりの18番が並行している所だけを散策(こちら)。


といっても区切る木々などはないので広い1つのコースに見えます。上掲の画像でコースの中ほどに横切る道があり、プレイしている人に迷惑が掛からなければ渡る事ができたのは良かった。



プレイしている様子は自由に見る事ができるので、ラウンドしている人にはプレッシャーになると思いますが、特に気にしている様子が見えないのは(実力があって)慣れているからでしょうか。バックは自分で背負うか手押し車を使っていました(こちら)。


ただ、手押し車の形はしていても、電動になっている場合もありました。


有名になったこちらの橋「Swilken Bridge」はコースの横の道から撮る事ができます(こちら)。


プレイしていない場合に、観光客が近寄って撮っている場合もありました・・・


コースの横は直ぐ海岸になっている上に(こちら)、防風林のような木々もないので、当日の強い風を受けて随分苦労しているようでした。



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

今週の4K映像(74) - 三重県・楯ヶ崎


目覚めの一時を今日はこちらの高精細映像でお楽しみください。PC環境において最適な画質に設定し全画面で視聴してください。


画質「4K」で見る場合はChromeまたはAncia Chromeを使ってください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-四季を彩る風景 | 更新情報をチェックする