衛星写真から文字イメージを抽出して表示するWebサイト「Aerial Bold Typewriter」


Google地図上で面白い(不思議な?)形状の場所を見つける事がありますが、衛星写真の中からアルファベットに注目して抽出・収集し、文字として表示できるWebサイト「Aerial Bold Typewriter」があります(Chrome、Firefox、Edgeでは使えますが、Pale Moonなど一部ブラウザは利用できません)。



こちらからアクセスします。




「Hi!」に対する表示をしている最後をクリックして、(必要により「back space」で無表示にしてから)1バイト系英数字・記号をキーボード入力します(「Yes We Can」と入力した所がこちら)。




上部の「Font」メニューで「Aerial Bold Buildings」とすると、建物を模したイラスト文字で表示します(「Japan First」と入力した所がこちら)。




メニューで文字の「Size」の他、(Font指定により)背景色(「Paper」)や文字の色(「Color」)を変更したり、混在する事もできます(こちら)。


上掲では
Rio de Janeiro
Olympics 2016
Japan
Go for it!
と入力しています。



右上の「Map」アイコンをクリックすると、「Font」メニューの「Aerial Bold Satelite」で表示する文字の現れる場所を示します(こちら)。


対応する文字にズームインした所がこちら




尚、一部対応していない文字フォントがあります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする