2016年05月22日

観光第4日 - ブレナム宮殿と「くまのプーさん」が生まれた村【改訂】


観光第4日はブレナム宮殿(Blenheim Palace)観光と「くまのプー(Winnie the Pooh)さん」が生まれた村の散策です。



ブレナム宮殿は戦功によって当時のアン女王から下賜された宮殿で、国王(女王)の宮殿であれば驚きませんが、東西2㎞、南北5㎞という広大な庭園を持つ貴族の館です。こちらの写真で宮殿のグレートコートと呼ぶ広場にある門から戦勝記念塔(Column of Victory)までの距離は約1.0㎞ですから、広さが実感できると思います。



当代の公爵は現在も基本的にこの宮殿に住んでいます。

この宮殿を下賜された初代マールバラ公爵、ジョン・チャーチル(John Churchill)の跡継ぎでは幾つかの困難があって、チャーチル家は途中でスペンサー家から婿養子を迎える事で一時スペンサーになっていましたが、後にスペンサー・チャーチル家と名乗るようになりました。


この子孫には第二次世界大戦期のチャーチル首相や皇太子妃となったダイアナさんがいます。



もう一つが「くまのプーさん」が生まれた村です。英国生まれのキャラクターである事は分かりますが、ツアーメンバーの興味対象外になっているようで、何故観光地に入っているのか不満が出ていました。

これまでに訪れた湖水地方にしろコッツウォルズ地方も、英国の良き原風景を観光しようという企画であると考えれば、「くまのプーさん」の素晴らしい故郷であり落ち着いた風景を持つ村でした。



今夜の宿泊ホテルはロンドン・ヒースロー空港(Heathrow Airport)の滑走路わきにあります。宿泊する部屋から飛び立つ様子が見られます(こちら)。




【改訂】  2016年06月16日 13:15 庭園の広さと塔との距離


 
posted by 鎌倉太郎 at 08:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

驚き、ビックリ、感心する、グッドな映像(14) - 2機の飛行機が格納庫内を抜ける映像


今回は2機の飛行機が並んで格納庫内をくぐり抜ける映像がこちら





同じ場面の360度動画がこちら


尚、ブラウザ「Pale Moon」では360度映像を体験できません(Windows10上のEdge、IE、Firefox、Chromeの各最新版では問題無し)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

観光第3日 - コッツウォルズ地方とシェークスピア生誕地


観光第3日目はのどかな英国の原風景を残すコッツウォルズ(Cotswolds)地方とシェークスピア(William Shakespeare)の生誕地ストラトフォード・アポン・エイヴォン(Stratford-upon-Avon)でした。



コッツウォルズ地方には何か所も小さな村が点在していて、今回観光ルートになったのが、バイブリー(Bibury)とボートン・オン・ザ・ウォーター(Bourton-on-the-Water)でした。


バイブリーは非常に人気であるだけあって、綺麗な水の流れる小川がと14世紀の織物職人の住居が残っています(こちら)。



ボートン・オン・ザ・ウォーターも綺麗な水の小川が流れていますが、残念ながらその両側は観光地化し過ぎていました。



今年はシェークスピアの没後400年に当たります。エイヴォン川の傍に建てられた像を象徴に、シェークスピアの生家(こちら)を始めその家族の家なども観光の対象になっているようです。


1年中観光客で賑わっているとの事です。



日中の温度が23度になり、観光バスで移動中に初めてクーラーが入りました。



posted by 鎌倉太郎 at 07:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

綺麗な銀河・星雲(424) - ヘルクレス座(Hercules)にある渦巻銀河「NGC 6028(NGC 6046)」


今回の綺麗な銀河・星雲は、ヘルクレス座(Hercules)にある渦巻銀河(Spiral galaxy)「NGC 6028[ポーランド語](NGC 6046)」です(こちら)。


スキナカス天文台(Skinakas Observatory、クレタ島)による画像



 
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

観光第2日 - コンウィ城・チェスター市街・水道橋・アイアンブリッジ


観光第2日目はコンウィ城(Conwy Castle)・チェスター(Chester)市街・水道橋(Pontcysyllte Aqueduct)・アイアンブリッジ(Ironbridge)と盛り沢山でした。



コンウィ城は非常に保存状態がよく残っといて(こちら)、城壁が市街を囲んでいます。



チェスターも城壁が市街を囲んでいて、大聖堂と木組みの建物がポイント。


ポントカサステの水道橋では、タイミングよくナローボートが行き交う場面に遭遇しました(こちら)。



アイアンブリッジは今から見るとありふれた鉄製の橋ですが、1779年に造られた世界初の鋳鉄製のアーチ橋です。



第3日はコッツウォルズ地方へ向かいます。



posted by 鎌倉太郎 at 07:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

ISSから撮ったオーロラ


国際宇宙ステーション(ISS)から撮ったオーロラの素晴らしい映像がこちら



 
posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

観光第1日 - 湖水地方、リヴァプール


観光第1日目は湖水地方の豊かな自然を楽しみ、リヴァプールを少しだけ訪れました。飛行機での寝不足が一晩で解消されていなかったので、ホテルでの夕食後直ぐに寝込んでいました。現在は現地時間5月19日am4:20です。


観光第1日(現地の18日)は早朝にかなり激しい雨が降った様ですが、湖水地方への移動中に一時的な降雨があったものの、1日傘を差す必要がなく、青空が広がり陽が射す時間もありました。スイス旅行の全ての観光日で山々を見る事ができたというツアー同行者がいるラッキーに恵まれたようです。



絵本作家のビアトリクス・ポターだけでなく、詩人のウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth)も湖水地方の水と緑の地に魅了されました。その彼が眠る墓のある小さなグラスミア(Grasmere)村と古くからのリゾート地ボウネス(Bowness)を訪れました。ボウネスでは「ピーターラビットカフェ」で昼食を頂き、ピーターラビットの土産物店にも入りました。


移動中の車窓からの新緑も素晴らしく、薄い石を積み上げた作りの家々や農場の風景を観察するのも楽しめました。ボウネスからウィンダミア(Windermere)湖を巡るクルーズは、何がある訳でもない風景ですが(こちら)、湖岸の新緑とそこに埋もれる別荘などは観光意識の喧騒を一時的に和らげてくれたように思います。




リヴァプール(Liverpool)はザ・ビートルズ(The Beatles)の出身地として有名ですが、目的はリヴァプール大聖堂(Liverpool Cathedral)です。若干23歳という若き建築家によるデザイン。これまで見た大聖堂と比べて、市庁舎のような堂々とした建物です(こちら)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 12:22| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

NASAの太陽観測衛星SDOが捉えた太陽の姿


米国NASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー (Solar Dynamics Observatory、SDO)」は、10種の異なる波長で太陽を継続的に観察しています。

こちらはそのSDOが捉えたフレア(Solar flare)など太陽の様子の4K映像です。


画質設定で4Kとし、全画面で見る事をお勧めします。


 
posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

綺麗な銀河・星雲(423) - うさぎ座(Lepus)にある球状星団「M79(Messier 79)」【改訂】


今回の綺麗な銀河・星雲は、うさぎ座(Lepus)にある球状星団(Globular cluster)「M79(Messier 79)」です(こちらこちら)。


サイディング・スプリング天文台(Siding Spring Observatory)による画像



ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像




【改訂】 2018年02月13日 02:00 画像追加


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

ホテル浴室でのご当地配慮


現在泊まっているホテルの近辺では1日の平均最高気温は15~16度程度だそうですが、朝夕は冷え込むようです。昨日は到着が夜遅くだったので、シャワーを浴びる事もなかったので、今朝浴室に入るとスチームのような管が通っていました。そこにはタオルが掛けてあります。

最初はタオルを温めてくれているのかと思ったのですが、直ぐ近くに「注意」のシールがあり、浴室を温めると共に、直接触らないように対応しているのだと気が付きました。それにしても日本の首都圏に住む人間にとって中々できない体験。

同じ事は便座やそのカバーが木製になっており、日本のように便座を温めるのではない方法での配慮もありました。


本日はこれから湖水地方でのクルーズとリバプールへの観光です。ビアトリクス・ポターが愛した土地だけあって、昼食は「ピーターラビットカフェ」の予定です。


posted by 鎌倉太郎 at 15:58| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

英国旅行最初のホテルに着いた


現在は英国のチェスター(Chester)郊外のホテルにいます。現地時間5月18日午前0時50分で、日本との時差は8時間です。


成田出国時は30分の出発遅れがありましたが、ヒースロー空港(London Heathrow Airport)到着は定刻の5分遅れでした。機中での航行速度をチェックしていると、これまでに乗った時にチェックしていたより高速で運行しているのが分かりました。

途中通過したシベリア上空は雲の多い天候でした。どの辺りなのかは分かりませんが、たまたま雲の切れ目で川の蛇行している様子を撮る事ができました(こちら)。




機中には12時間程いて若干気が滅入っていたのですが、ロンドンの町が見えた時は漸く旅行に出てきたのだという気分になりました。ヒースロー空港からはバスで(1回休憩をとり)4時間掛かって最初のホテルに到着したのが23時頃でした。


第2日(実際は今日!)の朝は若干遅めの出発となり、(機中、車中でも軽く睡眠をとりましたが)これから休みます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:22| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

驚き、ビックリ、感心する、グッドな映像(13) - 5軸ジャイロのスタビライザー付きカメラによる、飛行中の戦闘機を撮った安定した映像


300ノット(555km/h)でも対応できる5軸ジャイロのスタビライザー(Stabilizer)付きカメラ「GSS C520」(こちらこちら)で、飛行中の戦闘機「サーブ 39 グリペン(Gripen)」の撮影をした映像がこちら





安定した映像で撮れているのが分かります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする