2016年01月26日

綺麗な銀河・星雲(324) - 太陽の300兆倍の明るさという超光度赤外線銀河「WISE J224607.57-052635.0」


今回の綺麗な銀河・星雲は、地球と約125億光年の距離があり、太陽の300兆倍の明るさという超光度赤外線銀河(Extremely Luminous infrared galaxy)「WISE J224607.57-052635.0」です(こちらこちら)。広域赤外線探査衛星(Wide-field Infrared Survey Explorer)によって発見されました。


広域赤外線探査衛星による画像



アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(Atacama Large Millimeter Array、ALMA)による画像



 
posted by 鎌倉太郎 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

美し過ぎる自然の絶景(324) - フランスの海外領土ニューカレドニア(New Caledonia)の島「イル・デ・パン(Isle of Pines)」にある自然のプール「ピッシンヌ・ナチュレ(Piscine naturelle)」


今回の美し過ぎる自然の絶景は、フランス(France)の海外領土(collectivité sui generis)ニューカレドニア(New Caledonia)の島「イル・デ・パン(Isle of Pines)」のオロ湾(Baie d'Oro、Oro Bay)にある自然のプール「ピッシンヌ・ナチュレ(Piscine naturelle、Natural pool)」です(こちらこちらこちら)。





岩盤で外洋からガードされ、潮の干満で澄んだ海水の入替えがある「ピッシンヌ・ナチュレ」の場所はこちら


Googleマップの観光ポイントビューを参考にしてください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-美し過ぎる自然の絶景 | 更新情報をチェックする

垂直上昇や空母から発着艦のコックピットビュー動画


最近航空機のコックピット(Cockpit)からの動画が多く出てきているように思います。撮影機器の小型・耐久性・軽量化などに因ると思います。今回は軍用機で特に厳しい条件・環境での動画を紹介します。



最初は戦闘機「F-16ファイティング・ファルコン(Fighting Falcon)」が離陸して直ぐに垂直に上昇し、一気に雲の上に出てしまう動画です(こちら)。


こちらにもあります。

地上からの映像があるともっとハッキリするのですが、別のケースで「MiG-29」を地上から撮影した動画を参考にしてください(こちら)。



2番目は航空母艦での発着艦です(こちら)。前半は「F/A-18 ホーネット(McDonnell Douglas F/A-18 Hornet)」、後半は「ハリアーII (Harrier II)」です。




3番目は超低空飛行です。旅客機の着陸時のコックピット映像は良くありますが、着陸しません。ほぼデモ用で、エアショー(Air show)などで見る事ができます(こちら)。機体はボーイング757(Boeing 757)です。


これこそ地上からの映像がないと迫力が出ません。こちらが参考動画ですが、最後の低空飛行はチョッと極端すぎます・・・



最後は逆に高空での偵察機「ロッキード U-2(Lockheed U-2)」の飛行映像です(こちら)。


70,000フィートは約21,00mですから、旅客機の2倍の高度を飛ぶ事になります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする