2016年01月18日

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(57) - ウガンダ・ジソロ(Kisoro)近くの棚田化した火口


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回はウガンダ・キソロ(Kisoro)近くの棚田化(terrace-farmed)した火口(こちら)。

グーグル地図:





 
posted by 鎌倉太郎 at 19:11| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

スペースX社・ファルコン9が垂直着陸した瞬間をズームアップした映像


スペースX(SpaceX)社のファルコン9(Falcon 9 Ver1.1)が垂直着陸に成功した様子をこちらで紹介していますが、着陸の瞬間をズームアップした映像をこちらに公開しました。


着陸の映像は動画の1分55秒時点以降です。着陸脚を出している所まで鮮明に映っています。


 
posted by 鎌倉太郎 at 23:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

シンプルなファイルのタイムスタンプを編集するツール「Attributes Editor」を使ってみる


こちらの投稿でファイル・フォルダの属性項目を編集できるツール「Neo FileTimeChange」を紹介していますが、よりシンプルなファイルのタイムスタンプ(作成・更新日時)を編集するツール「Attributes Editor」を使ってみました。



こちらのサイトの最下段にある「Attribute Editor (2012-02-22)」をクリックしてダウンロードし、解凍して適切なフォルダに保存します。



起動してタイムスタンプを編集したいファイルのあるフォルダを開いた所がこちら



編集したいファイルを選択して、下部で直接日時を編集するか、カレンダーから日付を選択します(こちら)。


ミリセカンド以下の変更もできます。



複数のファイルを選択しタイムスタンプを一括編集できるのですが、時間をミリセカンド単位で間隔を開けた更新ができます(こちら)。


それは先頭で指定したファイルのタイムスタンプを基準にして間隔分だけずれた時間になります(こちら)。


「7人姉妹の・・・」ファイルの更新時間から5秒づつ増えた時間になっています。ファイルを時間でソートする場合に便利です。

通常の使い方としてはまず先頭の 1ファイルだけ日時を変更して基準のファイルにした上で、他の多数のファイルに対して編集する手順になります。尚、全てのファイルを同じ時間にしたければ間隔を"0"に指定します。



直前の操作を復元する事ができますが、更にスナップショットとして中間状態を保存できます(こちら)。


ファイル選択の状態に関わらず、フォルダ内の全てのファイルを対象にします。


この状態から上掲のタイムスタンプ一括編集を取り止めて復元し、更に「クトゥブ・・・・」ファイルの作成日を変更した状態で、スナップショットの復元をした所がこちら


スナップショットからの復元で変更した所には色付けをしています。


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(56) - フランスの海外領土ニューカレドニアのニッケル採掘現場


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回はフランス(France)の海外領土ニューカレドニア(New Caledonia)のニッケル採掘現場(こちら)。


グーグル地図:





 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

綺麗な銀河・星雲(316) - おとめ座(Virgo)にある非対称な特異銀河「NGC 5713」


今回の綺麗な銀河・星雲は、おとめ座(Virgo)にある非対称な特異銀河(Peculiar galaxy)でマゼラン渦巻銀河(Magellanic spiral)「NGC 5713」です(こちらこちら)。



紫外線宇宙望遠鏡GALEX(Galaxy Evolution Explorer)による画像


近隣の渦巻銀河「NGC 5719」と重力相互作用(Interacting galaxy)しているのが一因。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

美し過ぎる自然の絶景(315) - スペイン・カナリア諸島(Canary Islands)のラ・ゴメラ島の中央にある岩頸「アガンドの岩(Roque Agando)」


今回の美し過ぎる自然の絶景は、スペイン(Spain)カナリア諸島(Canary Islands)のラ・ゴメラ島(La Gomera)の中央にある岩頸(Volcanic plug)「アガンドの岩(Agando rock、Roque de Agando、Roque Agando)」です(こちらこちら)。




ガラホナイ国立公園(Garajonay National Park)にある高さ1251 mの「アガンドの岩」の場所はこちら


Googleマップの観光ポイントビューを参考にしてください。

近くに同じく岩頸であるRoque Carmona(1148m)・Roque de Ojila(1170m)、Roque de la Zarcita(1232m)もある(こちらこちらを参照)。




 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-美し過ぎる自然の絶景 | 更新情報をチェックする

JAXAの相模原キャンパスを見学してきました


昨日(1月15日)に機会があって宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace eXploration Agency、JAXA)の相模原キャンパスを見学してきました(こちら。右はイプシロンロケットの打ち上げられなかった実機)。


一般的な見学コースに沿ったものであり、映像による解説と展示ルーム・屋外の(説明付き)見学でした。展示ルームでは先ず「はやぶさ」の解説からでした。イオンエンジンの説明もありましたが、私にとって目新しい説明は「ターゲットマーカ」。


地球と行き先の小惑星「イトカワ」との距離があるので遠隔操縦が使えず、「はやぶさ」は星を使った自立航行で「イトカワ」に向かったのですが、近づいた時に正確にタッチダウンできるように工夫したのが「ターゲットマーカ」です。フラッシュを使って撮ったこちらと使わずに撮ったこちらの違いが全てを説明します。(「イトカワ」に投下して)フラッシュのような光を当てると光を反射するので、その方向に進めばよいという事です(詳細はこちらを参照)。





相模原キャンパスは、旧・東京大学宇宙航空研究所からの流れをくむ事もあって、日本における宇宙開発の父・糸川英夫博士ゆかりのペンシルロケット(予備実機水平発射実験した機体)を多数展示していたのは印象的でした。





お土産として宇宙食を買ってみました(こちら。未だ食していません・・・)。




また、通りを挟んだ「相模原市立博物館」にも寄って、プラネタリウムの映像を鑑賞しました。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(55) - 水の氾濫を利用した国土防衛システムの一部「Fort Wierickerschans」


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回は川の水の氾濫を利用したオランダ独自の国土防衛システム・洪水線(Dutch Water Line)の一部「Fort Wierickerschans」(こちら)。


グーグル地図:





 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

美し過ぎる自然の絶景(313) - カメルーン(Cameroon)北部)のルムシキ(Rhumsiki)村付近にある岩頸「カプシキ峰(Kapsiki Peak)」


今回の美し過ぎる自然の絶景は、カメルーン(Cameroon)極北州(Far North Region)のルムシキ(Rhumsiki)村付近にある岩頸(Volcanic plug)「カプシキ峰(Kapsiki Peak)」です(こちら)。



マンダラ山地(Mandara Mountains)で良く写真に撮られる「カプシキ峰」の場所はこちら


Googleマップの観光ポイントビューを参考にしてください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-美し過ぎる自然の絶景 | 更新情報をチェックする