「Microsoft Small Basic」の新版を使ってみる(6) - テキストベースのウィンドウで入力


今回はテキストベースのウィンドウで入力を受けるアプリです。



これまでの「WriteLine」に加えて、入力を支援するプロンプトに対応する「 Write」メソッドがあります。読み取りにはテキストを読み取る「Read」メソッドと数値を読み取る「ReadNumber」メソッドがあります。

確認のアプリのソースはこちらです。




実行結果はこちら



 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(6) - ケネディ宇宙センター第39複合発射施設


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回はケネディ宇宙センター第39複合発射施設(Kennedy Space Center Launch Complex 39)(こちらこちら)。



グーグル地図:



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(5) - アラブ首長国連邦のパーム・ジュメイラ【改訂】


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回はアラブ首長国連邦パーム・ジュメイラ(こちらこちら)。



グーグル地図:



 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-Google地図で地球景色 | 更新情報をチェックする

「Microsoft Small Basic」の新版を使ってみる(5) - ウィンドウ上に一次・二次曲線を描く


今回はウィンドウ上に一次・二次曲線を描くアプリです。



四角形(Rectangle)・楕円(Ellipse)・三角形(Triangle)・直線(Line)では、特定のメソッドがありました。一次・二次曲線などそれ以外の曲線は指定位置にピクセルを描く「SetPixel」メソッドを使います。一次・二次曲線を描く確認アプリのソースはこちらになります。



実行した結果はこちらです。



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

美し過ぎる自然の絶景(213) - カリフォルニア州ヨセミテ渓谷(Yosemite Valley)にある「ロイヤル・アーチ・カスケード(Royal Arch Cascade)」


今回の美し過ぎる自然の絶景は、カリフォルニア州(State of California)ヨセミテ渓谷(Yosemite Valley)にある380 mの「ロイヤル・アーチ・カスケード(Royal Arch Cascade)」です(こちらこちら)。




ヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)にある「ロイヤル・アーチ・カスケード」の場所はこちら


Googleマップの観光ポイントビューを参考にしてください。

ヨセミテ渓谷のガイドマップがこちら


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-美し過ぎる自然の絶景 | 更新情報をチェックする

驚き、ビックリ、感心する、グッドな映像(5) - 鳥も間違えてしまうほどの羽ばたく無人飛翔体


鳥も間違えてしまうほど(こちら)の羽ばたく無人飛翔体(フランス・XTIM社製 Bionic Bird)。プロモーション映像がこちら





メーカーのスペック・ページはこちら[仏語]。価格は€119。


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「Microsoft Small Basic」の新版を使ってみる(4) - ウィンドウ上に図形を描画


今回はウィンドウ上に図形を描画するアプリです。



指定できるのは四角形(Rectangle)・楕円(Ellipse)・三角形(Triangle)・直線(Line)です。また直線以外では、線で描画する(Draw)か塗りつぶす(Fill)かの違いにより、図形の種類との組み合わせで「DrawRectangle」や「FillRectangle」といったメソッドを用意しています。各々のメソッドで位置指定を付加します。

図形を描く確認アプリのソースはこちらになります。


線で描画する(Draw)色と太さは「PenColor」と「PenWidth」メソッドで指定し、塗りつぶす(Fill)色は「BrushColor」メソッドを使います。



実行した結果はこちらになります。



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

美し過ぎる自然の絶景(212) - カリフォルニア州ヨセミテ渓谷(Yosemite Valley)にある「ルハマイト滝(Lehamite Falls)」


今回の美し過ぎる自然の絶景は、カリフォルニア州(State of California)ヨセミテ渓谷(Yosemite Valley)にある360 mの「ルハマイト滝(Lehamite Falls)」です(こちらこちら)。



右奥が「ルハマイト滝」です・・・、左手前は「ヨセミテ滝」。


ヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)にある「ルハマイト滝」の場所はこちら


Googleマップの観光ポイントビューを参考にしてください。

ヨセミテ渓谷のガイドマップがこちら


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-美し過ぎる自然の絶景 | 更新情報をチェックする

「Microsoft Small Basic」の新版を使ってみる(3) - ウィンドウに画像を表示


今回はウィンドウ上に画像を表示するアプリです。



ヘッダー画像としてPCローカルの画像を当て、画面右端にはWebサイトからの画像を表示、更にFlickrに保存している画像を「landmark」で検索して最初の5件をスライドショーとして表示する確認アプリです。

ソースはこちらの様になります。


これから表示するウィンドウに対応する「GraphicsWindow」オブジェクトに対して、「DrawImage」や「DrawResizedImage」などのメソッドで画像のファイル場所と表示位置を指定します。特に「DrawResizedImage」はリサイズの指定ができます。

Flickrサイトから画像取り込みには、専用の「Flickr」オブジェクトがあります。「GetRandomPicture」メソッドで指定キーワードをタグとする写真をランダムに取り出しています。写真を1枚取り出し表示する毎に、「Program」オブジェクトに対して「Delay」メソッドを使って10秒間アプリを停止しています。

表示テキストのサイズと色は、「GraphicsWindow」オブジェクトのプロパティを変えて行います。



結果はこちらになります。


但し、Flickrの写真はスライドショーの途中の1枚です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 12:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする

河川の堤が決壊した時、浸水の範囲をシミュレートして見せるサイト「浸水ナビ」を使ってみる


河川の堤が決壊した時、浸水の範囲はどのようになるかをシミュレートした結果が見られるサイト「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」を、国土交通省が公開しました。

こちらからアクセスしますが、未だ検索対象の地点が全国的に少なく、関東地方で2ヶ所です(こちらを参照)。



数少ない地域から「船津川町」を選択してみます(こちらを参照)。


「地名等検索」をクリックすると、「破提点選択」のタブになりリスト表示されるので、1つを選択した所がこちら




メニュー選択の下部にある「地点浸水シミュレーショングラフ表示」の「表示」をクリックすると時間的な浸水深度が示されます(こちらを参照)。


「浸水域アニメーション」によって時間的な浸水の広がりを動画にしています。最終的な地域の最大浸水深度が「破堤点最大浸水領域の色の切替」で分かります。



各自治体でも洪水ハザードマップなどを提示しており、お互いに連携して統一的に検索結果を早急に一か所で表示できるよう、国土交通省としてリーダーシップを発揮して欲しい。

洪水情報だけでなく、各自治体がある程度情報提供をできるようになってから、全てを国土交通省のコントロール下に情報提供を開始するのではなく、統一的な方向への活動を率先して行う(各自治体の意見を吸収・調整して基準作りをリードしたり、共通・一括して情報提供できるサイト作り・ツール作り)などで力を示すべきだと思います。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする