2015年08月07日

地球を背景にして月の裏側を撮った動画をNASAが公開


こちらの投稿で宇宙気象観測衛星「Deep Space Climate Observatory (DSCOVR)」が位置に撮った着いたL1ラグランジュ点から、陽の当たる地球の写真を撮ったと紹介していますが、その第2弾は、地球を背景にして月の裏側を見せて通過する動画です(こちら)。

EPIC View of Moon Transiting the Earth


月の裏側の映像としてはハッキリしませんが、JAXAの月周回衛星「かぐや」がハイビジョンカメラで月の裏側を撮った動画がこちら

「かぐや」 -「月の裏の中心」- ハイビジョン映像



 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ブロックを組立てていくビジュアル・プログラミング言語「App Inventor 2」を使ってみる(3)


今回はテキストの読み上げに関連するアプリです。ユーザ・インターフェースはこちらです。

スクリーンに背景画像を設定し、ボタンのデザインもデフォルトから変更しています。また、「Designer」で「Media」にある「TextToSpeech」を組み込んでおきます。サムネイル画面上には表示されませんが、「Components」に登録されます(こちら)。




このアプリでは、「お試し発声」をクリックすると「I love you」と話し、テキストを入力して「入力テキスト発声」をクリックするとその通りに発音します。更に「Your name?」に応えて名前を入力すると、「hanako」とした場合と他で「ご挨拶の発声」をクリックした答え方を変えています。実際こちらの動画を参照。



「Blocks」はこちらの様になっています。




各ボタンをクリックしたら動作する様になっています。発声の処理は「Speak」ブロック要素を組み込んで、発生するテキストを指定します(こちら)。ボタン1では直接テキストを指定し、ボタン2ではテキストボックス1で入力されたテキストになります。



ボタン3をクリックした場合の流れでは、「Control」にある比較判定を使います(こちら)。



また「Text」にある文字列の結合を使っています(こちら)。



 

綺麗な銀河・星雲(158) - コンパス座(Circinus)にある、銀河系に最も近いセイファート銀河「ESO 97-G13(Circinus Galaxy)」


今回の綺麗な銀河・星雲は、コンパス座(Circinus)にある、銀河系に最も近いセイファート銀河(Seyfert galaxy)「ESO 97-G13(Circinus Galaxy)」です(こちら)。2001年に超新星SN 1996crがチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)のより観測されました。

ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像



 
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

ブロックを組立てていくビジュアル・プログラミング言語「App Inventor 2」を使ってみる(2)【改訂】


使い方を理解する所から始めているので、暫くは基本的な内容を確認していきます。

前回の「Hello World」と同様ですが、画像を組み込む事とボタンをクリックすると(それまでの表示を残して)指定の位置にメッセージを表示します(こちらこちら)。


組込む画像ファイルは「Properties」で指定します。但し、日本語のファイル名は使えません。



「Blocks」のブロックを組立てた様子がプログラム・ソースになります。

イヴェント・ドリブンな構築方法になりますので、「Button1」をクリックし、対応の制御をするブロック要素を選択します(こちら)。


「Label1」に値を設定する様にします(こちら)。


「Label1」に「ようこそ!」を設定するのがこちら


数値を設定する時は「Math」から、論理値は「Logic」から選択します。



【改訂】 2015年08月07日 00:30 画像ファイル名の記述追加


 

綺麗な銀河・星雲(157) - ろ座(Fornax)の方角にある棒渦巻銀河「NGC 1097(Caldwell 67)」【改訂】


今回の綺麗な銀河・星雲は、ろ座(Fornax)の方角にある棒渦巻銀河(barred spiral galaxy)「NGC 1097(Caldwell 67)」です(こちらこちらこちらこちらこちら)。1992年から2003年の間で3つの超新星爆発(SN 1992bd、SN 1999eu、SN 2003B)を観測しています。中心核はセイファート銀河(Seyfert galaxy)です。



超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)のVIMOS(Visible Multi-Object Spectrograph)による合成画像



ハッブル宇宙望遠鏡による精細画像



ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による中核部の星形成領域(セイファート銀河)の画像



スピッツァー赤外線宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)による画像




【改訂】 2019年02月15日 21:00 画像追加


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

ブランド「レクサス」が、磁気浮上技術を組込んだ空飛ぶスケボー「ホバーボード」を公開


こちらのニュースリリースによると、トヨタ社の高級車ブランド「レクサス(Lexus)」が、空飛ぶスケボー「ホバーボード(Lexus Hoverboard)」を公開しました(こちら)。








超電導体・液体窒素を用いた磁気浮上技術をボードに組込んでいます(こちら)。




そしてホバーボードに最適なパークも作っています(こちら)。




グローバルブランドスローガンである「AMAZING IN MOTION」(いくつもの、想像を超える感動を)のプロモーションの一環として作られていて、製品化する予定はないようですが・・・


 
posted by 鎌倉太郎 at 22:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

美し過ぎる自然の絶景(162) - コロラド川(Colorado River)の支流で、米国アリゾナ州に位置するハヴァス渓流の「ナバホ滝(Navajo Falls)」


今回の美し過ぎる自然の絶景は、コロラド川(Colorado River)の支流で、米国アリゾナ州(State of Arizona)に位置するハヴァス渓流(Havasu Creek)の「ナバホ滝(Navajo Falls)」です(こちらこちら)。




グランドキャニオンへの入口に当たる「ハヴァス渓流」の「ナバホ滝」の場所はこちら


Googleマップの観光ポイントビューを参考にしてください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-美し過ぎる自然の絶景 | 更新情報をチェックする

ブロックを組立てていくビジュアル・プログラミング言語「App Inventor 2」を使ってみる(1)


こちらの記事に引かれて(・・・?!)、「App Inventor 2」(以下、AI2)というAndroidアプリが作れるクラウドベースの開発環境を使ってみる事にしました。テキストベースのプログラミング手法ではなく、ブロックを組立てていくビジュアル・プログラミング言語です。




こちらの記事に従って先ず、AI2開発環境をインストールします。システム環境としてはWindows 7+Chromeブラウザとしました。Windows 8.1で試みましたが、実行環境の方が動作しません(但し、本記事を作成するに当たっては、我家のPC環境から開発環境はWindows 8.1を使い、実行はWindows 7のエミュレータ環境とします)。

記事の通りの作業で容易にできますが、インストール直後に『3.PCのAppInventor2で、「Connect」-「Emulator」を選択」』からエミュレータで作ったアプリを起動する所が上手くいきませんでした。記事にもある通り、エミュレータを終了し、再立上げし直して接続すると上手く起動できました。



最初のアプリは、プログラミング環境の確認をする為に良く使われる「Hello World」です。画面上の「OK」ボタンを押すと「Hello World」というメッセージを表示します。こちらこちら


作成要領は上掲のこちらに書かれています。



今後サンプルアプリを作りながらどの程度のアプリができるのかを見ていきたいと思います。


 

西之島の火口北側に新たな小火口が形成、より大きな1つの火口へ


海上保安庁のプレスリリース(pdfファイル)によると、西之島の7月31日観測では既存の火口の北側に新たな小火口が形成され、この2つが全体としてより大きな1つの火口を形作っています(こちらを参照。解説がこちら)。



ここで「ホルニト(Hornito)」とは、「火山が噴出した溶岩が作る小さなハチの巣形の隆起」で、例えばこんなものです。



 
ラベル:西之島
posted by 鎌倉太郎 at 08:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

YouTubeのツールバーや設定メニューなどが半透明に


YouTubeのツールバーや設定メニューなどが半透明になりました(こちらを参照)。


勿論動画が横長画面の場合は背景の黒になって残ります(こちら。この場合もツールバーは半透明のはず・・・)。



埋め込み形式の場合にも半透明になっています(こちらで試してください)。



 
ラベル:YouTube
posted by 鎌倉太郎 at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-YouTube | 更新情報をチェックする

国際宇宙ステーション(ISS)の船内を360度ビューできる


欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)が国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)の船内を360度ビューできるページを公開しました。



こちらからアクセスします(ESAはフルスクリーンで視聴する事を推奨しています)。


第42/43次長期滞在(Expedition 42/43)クルーで、2015年6月に帰還したSamantha Cristoforettiさんが、最新の構成である船内写真を撮ってパロラマ写真として見られる様にしたものです。ロシア側のエリアは今年中に見られる様になる予定とか。


右上の船内マップ(MAP ON/OFFで制御可能)で船内を移動できます。船内マップの左上が日本実験棟「きぼう」です。テキスト/動画のアイコンで解説を見る事ができます(但し全て英語)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする