2015年06月08日

イギリスの写真家が撮った江戸末期から明治にかけての写真


イタリア生まれのイギリスの写真家フェリーチェ・ベアト(Felice Beato)が、1863年(文久3年)に横浜に移住してから1877年(明治10年)に写真館を売却するまでの21年間に撮った、日本の写真をこちらで紹介しています。


イギリス人が撮った江戸末期の日本人 西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに(画像集)【2015/06/08】


当時の生活の様子がよく分かります。代表作「Views of Japan」の一部と思われます(スタジオ撮りのモデルは、同一人物が違うコスチュームで登場しています)。こちらのアルバムも参照。着色された写真の多くは人手によりますが、日本の水彩と木版印刷の技法をヨーロッパの写真に応用しました。



2013(こちら)年と2014年(こちら)の様に「幕末・明治の写真展~フェリーチェ・ベアトが見た日本」などとして、写真展を開催しています。


尚、こちらにもアルバムとしてまとめられています。



こちらのGoogle画像検索でも見られます(一部に日本以外のものもありますが・・・)。


 
posted by 鎌倉太郎 at 18:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

美し過ぎる自然の絶景(105) - 米国モンタナ州のグレイシャー国立公園(Glacier National Park)にある「グリネル湖(Grinnell Lake)」


今回の美し過ぎる自然の絶景は、米国モンタナ州(State of Montana)のグレイシャー国立公園(Glacier National Park)にある「グリネル湖(Grinnell Lake)」です(こちら)。


ゴールド山(Mount Gould)とエンジェルウィング(Angel Wing)を背景とする「グリネル湖」



ゴールド山、エンジェルウィングと「グリネル湖」の場所はこちら


Googleマップの観光ポイントビューを参考にしてください。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-美し過ぎる自然の絶景 | 更新情報をチェックする

「Nimbus」の製品を足掛かりに、「キャプチャ」の波及範囲をみる(5)


「Nimbus Screen Capture」には、第一回目で書いているようにブラウザのウィンドウ画面に対するキャプチャサービスがあります。

ブラウザのアドオン(拡張機能)を使うので、Firefix向けとChrome向けがありますが、基本的に同じなのでFirefox対応でアドオンを導入して使ってみます。



こちらからインストールします。




右上にアドオンのアイコンを表示します(こちら)ので、メニューからキャプチャのオプション機能を選択します。




先ず、「Visible part of page」を選択すると、画面上に表示している部分だけを抜出し、図形や矢印などの追記編集ができるようになります(こちらを参照)。



「done」で拡張しPNGの画像ファイルに書き出す事ができます(こちら)。




編集機能の1つとして「crop」があり、更に特定の一部を切り出す事で、オプション機能の「Selected area」と同じ機能を実行できます(「Selected area」の場合がこちら)。




尚、編集機能の1つとして(メニューバーの最右端にある)「show numbers」は、操作の手順を説明する時に便利に使えそうです(こちらを参照)。




オプション機能の「Entire page」を選択すると、画面上では見えない部分も含めたWebページ全体をキャプチャします(こちらを参照)。




オプション機能はブラウザに対する右クリックでも選択できます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする