2015年01月31日

綺麗な銀河・星雲(1) - わし星雲の一部である「創造の柱」の高精細画像


わし星雲(Eagle Nebula、M16、NGC6611、IC4703)の一部である「創造の柱(Pillars of Creation)」と名付けられた部分の画像を、NASAが公開しました。

1995年にハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope、1990年打上げ)で撮影した画像はこちらですが、その後大改修を行っており、25周年の記念で再度撮影した画像がこちら




わし星雲の全体はこちらですが、「創造の柱」の部分は星雲中央にあります(こちらを参照)。





今後、NASAなどがハッブル宇宙望遠鏡などを使って撮影した綺麗な様相の星雲・銀河など、高精細な画像を紹介していきたい。


 
posted by 鎌倉太郎 at 22:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

OneDriveにおける写真のアクセス・閲覧で利便性を向上(2) - アルバムの各種操作


前回の続きでアルバムの各種操作機能を使ってみました。

先ずアルバム単位での操作として、こちらの様にアルバムの内容を示している状況で、
  • アルバムへの写真の追加
  • アルバムの共有
  • アルバムの削除
  • アルバム名の変更
ができます。

ここでアルバムの削除といってもそこに含まれる写真は原本のあるフォルダに残っています。



次に特定の写真を表示している状態では、従来通りの操作に加えて、別のアルバムにもその写真を加える事ができます。



アルバムの共有を設定したのがこちら



非公開(本人のみ可能)なフォルダに入っている写真も、公開フォルダに登録すると見る事ができます。

ここで注意しなければならないのがアルバムで意識している公開したいと思っている範囲です。或るフォルダから写真を選んで公開している時に、もしそのフォルダが全員に公開で共有になっていると、アルバムの写真を基にそのフォルダに含まれる全ての写真が、「フォルダーの表示」で見られるようになる事です。但し、自分のみ・特定の人又はURLを知っている人のみの公開で共有になっている場合は、フォルダ内の他のファイルを見る事はできません(ログインを要求する)。

実際こちらの(テスト用)共有アルバムを見てください。「超高精細パノラマ画像」は他のファイルも見られますが、「非公開」あるいは「公開可能」の文字が入った写真を含むフォルダ内の他の写真は見られません。



 
posted by 鎌倉太郎 at 19:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

共有サイトで動画からGIFアニメーションを作成するツール(1) - 「imgur」で提供する「Video to GIF」


各種共有サイトでGIFアニメーションをサポートするケースが増えています。それに伴ってGIFアニメーションを動画から簡単に作成するツールの提供が増えています。

その1つが映像共有サイト「imgur」で提供する「Video to GIF」です。ユーザ登録など「imgur」の基本的な使い方はこちらを参考にしてもらうとして、ログイン状態にするとこちらになります。



"upload images"のプルダウンメニューから"Video to GIF"を選択します(こちらを参考)。


GIFアニメーションを作りたい原本動画のURLを指定すると、対応の動画が始まります(こちらを参照)。



カーソルを開始点まで動かし、終了点も設定します(こちら)。必要によって"Add Text"でコメント入れた上で(こちら)、"Create GIF"をクリックします。




暫くするとGIFアニメーションが出来上がります。ファイルは「imgur」サイト上に作られます。こちらから見る事ができます。右フレームの"Add Title/Description"をクリックしてタイトル・コメントを入れる事ができます。


ここからローカルファイルとして保存する為にダウンロードできます。


下の様に埋め込みもできます。



但し、width="100%" height="200"と一部変更して、本ブログの要件に合わせています。


こちらでデスクトップ動画キャプチャーソフト「GifCam」を紹介していますが、より高度なGIFアニメーションができます。必要によってより詳細な指定のできるソフトも含めて使い分けるといいですネ。



今後、Web上の動画をGIFアニメーションに変換するサービス(ツール)を使ってみるつもりです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 22:16| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

OneDriveにおける写真のアクセス・閲覧で利便性を向上(1) - アルバムの作成


マイクロソフト社のOneDrive公式ブログによると、OneDriveにおける写真のアクセス・閲覧での利便性を高める改良し、アルバム作成機能などを実現しました。今回はアルバム作成機能自体を使ってみました。



新たにアルバムを作るのはOneDriveのトップページの左メニューで「写真」→「アルバム」を選択すると、こちらから「最初のアルバムを作成します」。


アルバム名を入力して「作成」します。この場合は空のアルバムになります。上掲のページで「新しいアルバム」とすると、写真を選択してからアルバムを作成できます。


2番目の作り方はOneDrive内の写真を選択表示して、「アルバムに追加」によりこちらでアルバム名を指定します。



3番目のアルバムの作り方は、写真(画像)フォルダの内容を表示しているこちらで「アルバムの作成」をします。


この場合はフォルダ名がアルバム名になっています。作成時に殆ど反応がない事があるので、再度クリックすると「既にある」とのエラーになりますので注意してください。



この3つの作り方でアルバムを作った後で、OneDriveのトップページの左メニューで「写真」→「アルバム」とすると、こちらの様にアルバムの一覧を表示します。



「見学会」のアルバムの内容を表示するとこちらの様になります。そこで上部メニューにある「追加」で写真を増やしていきます。


表示している「写真を選ぶ」か「フォルダ-から選ぶ」事ができます。「フォルダ-から選ぶ」とすると、フォルダ一覧を示すので順次階層構造で目的の写真を指定して「追加」とします(こちらを参照)。


複数のファイルを同時に指定できます。


違うフォルダに保管している写真を表示している上部メニュー「アルバムに追加」からも指定できます(こちらを参照)。



結果のアルバムはこちらの様に集積されます。




次回にアルバムの操作などをしてみます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 10:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

無料の会話翻訳アプリ「翻訳者 Speak & Translate」を使ってみる


以前の投稿で多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra4U」を紹介しています。「VoiceTra4U」では会話を前提とする日本語の音声入力に対して、翻訳した他国語の音声を出力してくれます。これとほぼ同じ機能の無料の会話翻訳アプリ「翻訳者 Speak & Translate(Translator Speak and Translate Free)」がありますので使ってみました。



アプリ「翻訳者 Speak & Translate」はこちらからインストールします。

翻訳者 Speak & Translate(Translator Speak and Translate Free)



インストールすると(または起動する都度)こちらのような有料アプリ導入のメッセージが出ますが、「いいです」で先に進みます。


こちらの画面でマイクアイテムをタップして日本語の音声を入力します。


入力音声が途切れたと判断すると、翻訳を開始してこちらの様に結果のテキストと音声を出力します。



入力テキストと翻訳結果は上掲の翻訳結果行の星マークのタップでお気に入りに登録できます(登録一覧のこちらを参照)。


それらは下部メニューの星マークで一覧表示され、オフライン環境でも音声を聴く事ができます。



使った結果では音声解析(認識)に未だ課題があるようで、正しく入力テキストに変換できていません(勿論できる場合もある)。音声入力を自動で行う所にも問題(早く終了とみなす)がありそうですし、音声解析の安定性にも課題があります。一方、訳サーバは"マイクロソフト(Bing翻訳?)"ですが、音声認識できた範囲では問題もなく未だこの課題まで届いていないようです。


改めてNICTの多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra4U」も試してみました。英語の初歩的会話のCDをPC上で再生して、2つのアプリにスピーカーで聴かせる事で、ネイティブスピーカー(恐らく米国人)の聴き取り(日本語への翻訳)をアプリに対して行いました。

結果は(正確な統計ではありませんが)、2つのアプリ共に10~20%程度の成功率で、「VoiceTra4U」が若干良かったといった所でした。実用上は未だ課題がありそうです・・・(厳しい評価ですが、今後頑張って欲しい)


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:34| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

ファルコンヘビーロケットの新しいアニメーションが公開に


米国・スペースX社がファルコンヘビー(Falcon Heavy)ロケットの新しいアニメーションを公開しました。こちらで紹介している完全再利用型のファルコン9のコンセプトを引き継いで、補助ロケットブースターも回収する事を目標にしています。


登録されたYouTube動画がこちら

Falcon Heavy | Flight Animation


低軌道へのペイロードが従来ロケットの2倍というのだから凄い(こちらを参照)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 03:59| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

ファルコン(Falcon)9が洋上プラットフォーム上に激突した映像を公開


こちらでファルコン(Falcon)9がISSへの補給物資を運ぶのには成功したものの、ロケット1段目を洋上に設置したプラットフォーム上に安全に戻す事には失敗しましたと投稿しました。その時の映像をこちらに公開しています。

Close, but no cigar. This time.




その時の気持ち(?)をタイトルとして「Close, but no cigar. This time.」とコメントしています。この情報を伝えるSorae.jpの記事では「もう一歩だった。今回は。」と訳していました。そこでチョッとお遊びとして、Web上で公開している各種機械翻訳サービスで訳してみました。

  • excite翻訳       :近いけどはずれ 今回。
  • Google翻訳      : クローズ、ない葉巻ん。今回。
  • Bing翻訳        : 閉じる、しかしないシガー。今度こそです。
  • Yahoo!Japan翻訳  :終わり、しかし、葉巻でなく。 この時。
  • @nifty翻訳       :閉鎖にもかかわらず、葉巻がありません。

前半と後半に分けて評価すると、excite翻訳が前半で、Bing翻訳が後半で気持ちを表しています。1ケースだけなので、サービス全体を評価している訳ではありません・・・悪しからず。



posted by 鎌倉太郎 at 15:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする

超豪華客船[セブンシーズ・エクスプローラー」についてまとめてみた


リージェント・セブン・シーズ・クルーズ(Regent Seven Seas Cruises)社のニュースリリースによると、業界で最もラグジュアリーなクルーズ船になるという超豪華客船[セブンシーズ・エクスプローラー(Seven Seas Explorer)」(こちらが想定図)の建造を、イタリアの造船所で開始したと発表しました。


初航海は来年(2016年7月)ですが、近々予約を開始します。客室などのデザインを公開しているので、NAVERまとめにまとめてみました。



大きさを競うカジュアルなクルーズ船ではありません。

リージェント スイート(Regent Suite)は、居室が 2,917 ft2 (271 m2)でバルコニーが 958 ft2 (89 m2)となっており、居室内にスパ設備を持ちます(こちらこちらこちらを参照)。





 
posted by 鎌倉太郎 at 09:58| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

西之島の火山活動は衰えを見せず、溶岩流が東方向に流出して陸地を拡大


海上保安庁のプレスリリースによると、西之島の火山活動は衰えを見せず、これまで北及び東方向に広がっていた溶岩流が東方向に流出して陸地を拡大する様になっているとの事。



全体写真がこちら


こちらの解説によれば、東は右下。

溶岩流が海水と接触して湯気を上げている様子がよく分かります(こちら。右が東)。



タグ:西之島
posted by 鎌倉太郎 at 16:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

PM2.5が九州で 26日~27日にかけて「注意喚起」レベルになる予測


大気汚染粒子(PM2.5)の状況をシミュレーションによる予測動画を表示する「SPRINTARS」によると、PM2.5が九州で 1月26日~27日にかけて「注意喚起」レベルの「非常に多い」状態になります。


大気汚染粒子の予測動画ではこちらの様になりそうです。



地元での詳細情報・警告に注意しましょう。


 
タグ:SPRINTARS PM2.5
posted by 鎌倉太郎 at 15:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

縦書きアウトラインエディタ「TATEditor」を使ってみる(5)


最終回はタイトルにもある、アウトライン構造(全体の構造)を定めてから細部を編集していく操作です(こちらを参照)。



アウトライン構造は先ず大雑把な文書構成を見出しなど(ノード)で設定し、ブロック単位で詳細化していく階層構造です。トップにはファイル名が入ります。その下のレベル(下記の例で、第一部、第二部など)は1つの"."(半角)を付けます。第二のレベルには"."(半角)を2つ重ねます。その様子がこちら


右上のフレームで階層関係を図示しています。第三のレベル、第四のレベル・・・・も同様です。


これは書式による指定だけでなく、階層の図式の上で右クリックメニューからも指定できます(こちら)。


ノードの編集(本文も変わる)・削除・順序替えやレベルの上げ下げもできます。



アンドゥとリドゥで全体に対しての制御の他、ノード単位など細かな指定ができます(こちらを参照)。




原稿用紙形式での表示も可能です(こちらを参照)。


同じ簡易設定メニューから表示の拡大もできます(こちらを参照)。



マークアップ形式の選択で、フリーコンテンツの青空文庫に対するリーダーにもなりますから、タブレットなどにダウンロードして、ローカルでも書式による表示を生かして読む事ができます(こちらを参照)。




完成した資料はPDFファイルとして出力できます。上掲の内容(途中までですが・・・)で出力した結果pdfファイルがこちら



このソフトではその他細かな制御が可能ですが、今回はここまでとしておきます。未だ拡張を考えているようですから、今後の方向を期待したい。


 
posted by 鎌倉太郎 at 14:45| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

米国西海岸の旅(31) - ラスベガスの面白いオブジェ


こちらの概略投稿で、シティ・センター近辺のタトゥー・ショップにある招き猫飾りを紹介しました。本稿では見つけた範囲で面白そうなオブジェを紹介します。



最初がウィン・ラスベガスにあったポパイ像(こちら)。


ポパイもラスベガスに来るとハデになるようです。



今回のラスベガスのホテルで目新しかったのがシティ・センター周辺でした。第3回目の訪問時(2008年)には建設中だったのです。この建物はピサの斜塔の様に傾いています。別の角度からこちらこちら



シティ・センターなどの建設で一時運休していたベラージオとモンテカルロ(Monte Carlo Resort and Casino)を結ぶトラムは、こちらの様に運転再開していました。



実は上掲写真の右下に見えるのは噴水の一部で、小品ながらチョッと変わった噴水でした。シティ・センターのエントランスにあるのですが、言葉で説明できないのでこちらのYouTube動画でどうぞ。

City Center Fountains Las Vegas


暗くなって照明がハッキリしてくると、こちらの様に綺麗になります。



同じシティ・センターでは、これまでと若干趣きを異にして、芸術にも意識を向けています(こちらこちらこちら)。






ラスベガスの老舗フラミンゴ・ラスベガス(Flamingo Las Vegas)では、ヒルトン系お決まり(?)のフラミンゴがいるか(以前までは実際にいたが・・・)と思いきや、カッショクペリカン(California Brown Pelican、こちら)やクロエリハクチョウ(Black-necked Swan、こちら)がいました。季節に依るのでしょうか・・・





季節といえば、こちらの様に屋外にスケートリンクが何ヵ所かありました。



 
posted by 鎌倉太郎 at 11:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・西海岸 | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

縦書きアウトラインエディタ「TATEditor」を使ってみる(4)


今回はページのレイアウトです。



先ずメニュー「表示」→「設定オプションを表示」で切替えを常態化する場合に、設定のウィンドウをアウトラインツリーの表示エリアの下にドラッグ&ドロップで設置しておく事ができます(こちらを参照)。


更にその表示エリアを左右・上下に拡大・調整できます(結果がこちら)。


尚、アウトラインツリーが大きい場合などには、左右に分割もできます(こちら)。




さて、ページのレイアウトですが、設定オプション「page」タブの「ページ表示」にチェックを入れた所がこちら


これはデフォルトで「段組み数」が2となっていて、ページ表示が「ウィンドウサイズを使用」になっているからです。



ページ表示を「ページサイズを直接指定」にとし、「1行文字数」と「1段行数」を変更した所がこちら


指定数値と文字・行数が異なるのはマージンを取っている為です。



次にページ表示を「ページサイズを判型から指定」にし、B5判を指定した所がこちら



 
posted by 鎌倉太郎 at 18:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする

TwitterのツイートでBingの自動翻訳を表示


Twitter Japan社の公式Twitterアカウントから、ツイートをBingの自動翻訳を表示できるようになったとツイートがありました。


ヘルプページはこちらですが、アカウントの設定で「ツイートの翻訳を表示」にチェックを入れます(こちら。デフォルトでなっているみたい・・・)。



そこでオバマ大統領のツイートを見ると右上に地球アイコンがあり、翻訳機能が使えます(こちらを参照)。


地球アイコンをクリックすると翻訳は表示できます(こちら)。


但し、初回表示では直ぐに翻訳が表示できないようで、「翻訳を表示」をクリックする事で表示できます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

縦書きアウトラインエディタ「TATEditor」を使ってみる(3)


今回は傘連判状(からかされんぱんじょう)と牛耕式(ぎゅうこうしき)についてです。



傘連判状(単に傘連判)とは、円環状の署名形式で、一揆などで用いられたと云います。今でも寄書などに使う時があります。

メニュー「表示」→「設定オプションを表示」で詳細設定メニューウィンドウを表示し、「page」タブの「傘連判モード」にチェックを入れた所がこちら


「内径/外径」を変更する事で、中心径を変更出来ます(こちらを参照)。



牛耕式とは、左から右へ次の行は右から左へ、一行ずつ交互に逆方向へ読み進める筆記方式です。

詳細設定メニューウィンドウの「text」タブで「牛耕式」から「Boustrophedon(牛耕式の意味)」を選択した所がこちら



同じく、「牛耕式」から「Boustrophedon(with reverse glyph)」を選択した所がこちらで、「Boustrophedon(with rotate glyph)」を選択した所がこちらですが、何れにしても私には使う機会がなさそうです。



「text」タブで「行の逆順」にチェックを入れると、左から右への縦書きにできます(こちら)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 13:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする