綺麗な銀河・星雲(1093) - いて座(Sagittarius)にある「干潟星雲」・「三裂星雲」・「NGC 6559」


今回の綺麗な銀河・星雲は、いて座(Sagittarius)にある星間雲(Interstellar cloud)「干潟星雲(Lagoon Nebula、M8、Messier 8)」(中央左)とHII領域(H II region)「三裂星雲(Trifid Nebula、M20、Messier 20)」(左上)と星形成域(Star-forming region)「NGC 6559」です(こちら)。




「干潟星雲」はこちら、「三裂星雲」はこちら、「NGC 6559」はこちらで各々紹介しています。



posted by 鎌倉太郎 at 01:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

太陽の前を横切る水星の映像から太陽黒点数を考える


米国NASAが、太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory、SDO)」が撮った、太陽の前を横切る水星(Mercury)の映像にBGM付き編集した動画を改めて紹介しています(こちら)。




こちらの様に現在太陽黒点(Sunspot)が少ない事から注目すべき太陽ではあります・・・




こちらの意見からは、マウンダー極小期(1645 - 1715年)から小氷期との関係も説得力を持ちます(火山噴火の影響もあるでしょう)。全体的に因果関係は明確でありませんが、太陽黒点の11年周期も更に大きな波の中で太陽黒点の極大数が減っている傾向にも注意する必要がありそうです(こちらも参照)。




posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする