2017年06月28日

エディンバラへの移動とエディンバラ市街の散策


現在は英国スコットランドのエディンバラ(Edinburgh)市街のホテルにいます。現地時間 6月27日 23:50です。



漸く当日分の投稿ができるようになりました。27日はオーバン(Oban)を出発してエジンバラに移動しました。当初の計画は途中で幾つか寄りたいと思っていたのですが、モバイル・ナビが故障した上に、インターネットでのルート確認が困難になった事から、(しかも、午前から昼過ぎにかけては雨予報であったので)何処も寄らずにひたすらエジンバラを目指しました(実際にはオーバンに近いインヴァレリー城(Inveraray Castle)などには前日に見に行っていますが・・・)。



ロードマップに加えて事前に調べていた資料と記憶があったお陰で、(英国道路標識の良さもあり)幸いに大きな問題はなく、若干の休息を入れて4時間ほどでスコットランドの西側から東側に横断できました。エディンバラ空港でレンタカーを返しましたが、スコットランドをほぼ一周して走行距離が1090マイル(約1740㎞)ほどでした。ルートなどは帰国後に投稿するつもりです。



思った以上に問題なく且つ早く着いたので、明日以降の観光の感触を掴む為に、エディンバラ市街の一部を散策しました。


エディンバラのオールド・タウン観光の中心となる、エディンバラ城(Edinburgh Castle)とホリールード宮殿(Holyrood Palace)を結ぶ通り「ロイヤル・マイル(Royal Mile)」がこちらこちら





エディンバラ城はこちらエディンバラ・ウェイヴァリー駅(Edinburgh Waverley railway station)前とオールドタウンはこちら





夕食の途中で見つけた、英国版の忠犬ハチ公といわれる「グレーフライアーズ・ボビー(Greyfriars Bobby)」像がこちら




エディンバラには3泊します。


 
posted by 鎌倉太郎 at 08:21| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

湖畔に建てられたインヴァレリー城


現在は英国スコットランドのエディンバラ(Edinburgh)市街のホテルにいます。現地時間 6月27日 21:20です。綴り貯めた記事の投稿の続きです。



現地時間:6月26日はファイン湖(Loch Fyne)の湖畔に建てられたインヴァレリー城(Inveraray Castle)を見に行きました(こちら)。



内装は宮殿風で非常に豪華(こちら)。



庭園も良く手入れができていました(こちら)。




少し離れた所には石造りの現役の橋(「Inveraray Bridge」)が掛かっていました(こちら)。




次の日にエジンバラへの移動を控えて、体力を残そうと思いましたが少し頑張って、どこかのブログか記事で絶景との記述があった小さなレスティル湖(Loch Restil)付近の風景を見に行きました(こちらこちら)。





オーバン(Oban)のホテルは連泊です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 05:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする

高架橋を通過する蒸気機関車と雄大な自然


現在は英国スコットランドのエディンバラ(Edinburgh)市街のホテルにいます。現地時間 6月27日 20:30です。綴り貯めた記事の投稿の続きです。



現地時間:6月25日は先ず、グレンフィナン高架橋(Glenfinnan Viaduct)を通過する蒸気機関車が牽引する列車を撮影(こちら)。




その後フォート・ウィリアム(Fort William)近くにあるカレドニアン運河(Caledonian Canal)の8段階もある閘門(Lock)「Neptune's Staircase」を見ました(こちら)。




更に、スコットランドでも最も絶景と云ってもいい峡谷「グレンコー(Glen Coe、Glencoe Valley)」の入口で、雄大な自然を味わいました(こちら)。




この日の宿はオーバン(Oban)のホテルでした。オーバンは賑やかな街で(こちら)、島々へのフェリーが入出港しています。近くに飛行場もあり、軽飛行機で島々に渡る事もできます。



 
posted by 鎌倉太郎 at 04:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-英国旅行 | 更新情報をチェックする